自然素材を使って健康と環境に配慮した住まいを設計して28年.....光設計のノウハウ満載ブログ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ:ヤップ島讃歌( 8 )
ヤップ島讃歌その8
d0039753_1612351.jpg
オネツ村の集会所です。33年前の写真なので色が少し褪せてしまっています。村に1つ、こんな集会所があり、昼間から男だけがびんろうじゅを噛みながら何やら話をして1日を過ごしています。この集会所は女子禁制で、女の人は入れません。石貨はこんな形で海や、通りに向かって立てかけてあります。移動するときは真ん中の穴に棒を差し込んで担いで運んでいたようです。

久しぶりにヤップ島の登場です。この間はヤップ島の貝と石のお金の話をしました。その石のお金はヤップ島に約2000個あります。やっプは国連の委任統治領になっていてこの石貨は島の歴史的文化財として島の外に持ち出す事は禁止されています。昔の先祖から伝わっているものなので、新しく石貨をつくるということもできません。そもそもこの石貨の材料になっている石はヤップにはないということです。現存しているうち一番大きいのはルムング村の酋長が持っているもので、直径約3.75mあるそうです。いまはどうか分かりませんが、33年前はルムング村には観光客などよそ者は立ち入りできませんでしたので、私も見たことはありません。エルカンさんのオネツ村の集会所には約2mくらいの石貨が並んでいました。石貨が並んでいる姿は、イースター島のモアイ像を連想させます。石を加工して並べるという古代人の文化が太平洋の南の島々にあったのかも知れません。島と島の行き来も帆のついたたカヌーで行われていたという記録もあるみたいです。

人気blogランキングに参加しています。
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。
今日もクリックして応援よろしくお願いします。

by kokyu-ie | 2005-06-30 09:16 | ヤップ島讃歌 | Comments(2)
ヤップ島讃歌(その7)
ヤップには石のお金と貝のお金があります。石のお金の方は「石貨」としてよくテレビで紹介されたりしていますので、ご存じの人もいると思います。大きな2mくらいの丸い石のお金で、村の広場などに立てかけて並んでいます。いまでもヤップの土地はこの石貨でやりとりすると聞きました。お金は動かせませんので、その所有者が変わるということらしいです。

貝のお金も土地などのやりとりに使うのですがこちらは移動できますので、お金のように土地と交換に手渡しをします。貝のお金は、大きなしゃこ貝の殻を切って磨いたものを椰子の縄で編んだ紐に結びつけてあります。私がエルカンさんからいただいたものは5枚の貝が結ばれていて、このお金で土地1つ分だそうですが、その1つ分というのがどのくらいの広さなのか正確には分かりません。土地の境なんかありませんから、あそこからここまでという感じなのです。エルカンさんが指でさした範囲は結構ひろくて、海岸沿いのいい土地でした。私は昔エルカンさんからいただいた貝のお金をもってヤップに行くと、その海岸沿いの土地と交換できることになっているのですが、なにしろ33年前の話しですからエルカンさんはもう忘れていることでしょう。


人気blogランキングに参加しています。
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。
今日もクリックして応援よろしくお願いします。



d0039753_849102.jpg中央の垂れ下がっているのが貝のお金です。事務所のエントランスに飾ってあります。もしかすると事務所の中でいちばん価値のあるものかも知れません。何たって、ヤップの海岸沿いの土地1ヶ分ですからね。


下はその貝のアップです。貝の表面に光沢があってとても綺麗です。


d0039753_8492525.jpg
by kokyu-ie | 2005-06-15 08:57 | ヤップ島讃歌 | Comments(4)
ヤップ島讃歌(その6)
d0039753_10453933.jpg
マープ村のエルカンさんの家に居候中は、よく前の海に魚や貝など食料を捕りに竹のいかだで出かけていた。一人でいくときもあるし、例の「酒飲みおじさん」と名付けたおじさんと一緒にいくこともあった。このおじさんは、さすが魚取りの名人で、いかだから海に飛び込んで、海に潜って素手で魚をつかまえていた。一度海に潜ると、かなり長い間潜水して魚や貝を捕っていた。珊瑚礁の海なのであまり深くはない。海岸から1キロくらいまでの環礁の内側では深さは1m〜2mくらい。環礁の外は海の色も群青で巨大な波がうねっているが、内側は海のいろもグリーンで波は穏やか、魚もいっぱいいる。

捕った獲物はその日の夕飯になる。魚はたいてい、椰子の葉で包んで蒸し焼きにする。貝は主にシャコ貝で、身を出して煮たり焼いたりして食べていた。椰子がにはスープにしてたべると美味しかった。この写真は魚取りの帰りのスナップ。向こうの椰子の繁った海辺のところがマープ村です。この海辺から100mくらい入ったところにエルカンさんの家があります。

人気blogランキングに参加しています。
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。
今日もクリックして応援よろしくお願いします。

by kokyu-ie | 2005-06-02 10:28 | ヤップ島讃歌 | Comments(2)
ヤップ島讃歌(その5)
d0039753_9185336.jpgお祭りのときは、村の人たちは老弱男女を問わず正装をする。女は椰子の葉の腰ミノ、男は椰子の葉のフンドシ、竹の皮や椰子の繊維を染めてつくった手製の飾り物や花飾りなどで飾り付ける。村の広場に集まり、竹をつかった踊りをみんなで踊る。竹と竹を叩いて拍子をとり、激しく体を動かしてかけ声を掛けながら集団で踊るのだが、日本の御輿を担ぐ祭りとちょっと似ているような感じもする。写真は祭りの途中の女の子のスナップです。花飾りなどをつけて正装をしています。別に機嫌が悪い訳ではなく、カメラに緊張しているだけです。ヤップの女の子たちは普段はニコニコしてとても明るいです。

人気blogランキングに参加しています。
blogランキング
クリック↑してもらえると
「光設計の呼吸する住まい]のblogランキングがアップします。
応援よろしくお願いします。

by kokyu-ie | 2005-05-30 09:25 | ヤップ島讃歌 | Comments(0)
ヤップ島讃歌(その4)
d0039753_10474638.jpg
ヤップの子供たちはとても元気だ。小さい子供たちが群をなして遊んでいる。鬼ごっこや椰子の木登り、相撲ごっこ、おしくらまんじゅう、貝拾い、魚取り。当然ながら、みんな外で仲間との体をつかっての遊びだ。みんな赤いフンドシをしているのだが、それがよく似合っている。ヤップ島にも学校がある。12才になると、島のただ一つの町のコロニアにある学校に通う。朝6時くらいにタロイモを食べながら家を出て、海岸沿いを約1時間半くらい歩いた3つ先の村のところにバスが来る。そのバスに乗って1時間くらいで学校に着く。このバスは子供たちの通学用のバスなのだが、村の人も町にいくときには無料で乗れる。私も町にいくときにはこのバスを利用させてもらった。学校では英語も習うようだが、村での会話は伝統的なチャモロ語だった。ヤップの人たちは新しいものにはあまり馴染まないようなので、多分いまも特に村の中ではチャモロ語を使っているのではと思う。でも、15年前に電気を引く工事をしていたので、もしかすると今はテレビなどが普及していて、子供たちの言葉や遊なども変わってしまっているのかも知れない。

d0039753_10493497.jpg
スルスルと高い椰子の木にも簡単に登ってしまう。椰子の木には足を掛けられるように刻みを入れている。



blogランキングに参加しています。
blogランキング
クリック↑してもらえると[光設計の呼吸する住まい]のblogランキングがアップします。
応援よろしくお願いします。












d0039753_10505460.jpg
少し年長の子供がよく仲間の子供たちの世話をしていた。日本の村でもついこの間まではこんな子供たちの風景がみられたのにと思う。
by kokyu-ie | 2005-05-16 11:02 | ヤップ島讃歌 | Comments(0)
ヤップ島讃歌(その3)
ヤップの人は10才くらいから上の人は男も女もみんな口が真っ赤だ。「びんろうじゅ」という木の実を珊瑚の粉と一緒にガムみたいにしてくちゃくちゃ噛むと赤い唾がいっぱい出てくる。これは一種のたばこやアルコールのようなもので、噛んでいると舌がしびれてきて、ちょっと頭もボヤ〜として気持ちがよくなる。たばこのように習慣性になるみたいで、島の人は四六時中、このびんろうじゅを噛み続けていないと落ち着かないみたいだ。そのせいで、口はいつも真っ赤なのだ。口の中のその唾はペッと吐き捨てるののだが、そのせいで道端などは赤い模様のようになっていた。とは言っても、砂や土の道なので、この赤い唾も自然に消えて、いつまでも汚れのように残るという訳ではなかった。この「びんろうじゅ」はヤップだけではなく、他のミクロネシアの島にも習慣としてあるらしい。


d0039753_12395299.jpg



びんろうじゅを噛んでいる村のおじさん
手前にあるのは椰子の葉で編んだポーチ
この中にびんろうじゅと珊瑚の粉を入れていつも持ち歩いている

エルカンさんの家の前に家族4人で住んでして、よく竹のいかだで海に魚を捕りに連れていってくれた。いつも椰子酒を飲んで酔っぱらっていたので、「酔っぱらいおじさん」とニックネームをつけて呼んでいた。
by kokyu-ie | 2005-05-08 12:47 | ヤップ島讃歌 | Comments(0)
ヤップ島讃歌(その2)
d0039753_15143357.jpgヤップ島では日本語で話ができた。というよりも、昔のとてもていねいな日本語を話すお年寄りが多かった。エルカンさんやファサレさんは話すだけでなく、カタカナなら簡単な読み書きもできた。話していると「いらっしゃいます」「さようでございます」というような丁寧な言葉がよく出てきたし、日本のことを「ないち(内地)」と呼んでいた。戦争中にここには日本の学校が置かれて33年前の当時に40才くらい以上の人たちは、子供の頃に習った日本語をまだ覚えているということだった。隣の島パラオでは戦争末期に激戦があり、日米のたくさんの兵士が尊い命を犠牲にしましたが、ヤップはアメリカ軍が上陸をしなかったので、島の人たちを巻きこんでの大きな戦争もなかったせいか、日本に対する感情はとてもあたたかいものがありました。夜、石油ランプのもとで、ファサレさんが「つ〜きがでたでた〜つきがで〜た〜.....」なんて鼻歌を歌い出すと、昔の日本にいるような不思議な感覚になったものです。
by kokyu-ie | 2005-05-07 15:17 | ヤップ島讃歌 | Comments(0)
ヤップ島讃歌
d0039753_11233551.jpgヤップ島はグアム島から南に約850キロ、エアーミクロネシアの飛行機で約1時間、赤道のちょっと北にある小さな島です。石貨のある島としてよくテレビでも紹介されています。今から33年前の1972年から73年にかけて、3回ヤップ島に行き小さな村の酋長さんの家に居候させてもらい、酋長一家との交流が始まりました。それから18年後の1990年にはまだ小学生だった娘二人を連れて家族4人で行きました。さらに15年後のいま5回目のヤップ行きを計画しています。33年前、電気もトイレもなかったヤップ島も、15年前に行ったときには電気を引く工事がはじまっていました。いまでは島の人の暮らしもきっと大きく変わっていることだと思います。新しく変わってはいてもどこかに昔のよきヤップが残ってくれていることを期待しながら、33年前のいきさつから.....。




写真はオネツ村のメインストリート
海岸に沿って椰子の木漏れ陽の中を砂の道が続く
あちこちに椰子の実が落ちている









ヤップ島讃歌その1 

★エルカンさんの家に行くまで★

d0039753_10511786.jpg今から33年前、ヤップ島のオネツ村の酋長エルカンさんの家に約1ヶ月ちょっと、居候させてもらったことがあります。当時、板橋の下赤塚駅近くのカメラ屋さんの2階にあった、日本ヤップ友好協会の会長の釈さんにお願いをして、ルボマン大酋長への紹介状を書いてもらい、それをもって訪ねたのがその後の私の長いエルカンさん一家とのつながりのスタートだった。ルボマン大酋長の家はヤップ島のただ一つの町であるコロニアにある。ここには小さなホテルも一軒あり、私はそこに泊まっていた。翌日か翌々日、私をマープ島のエルカンさんの家に連れて行ってくれた。車で約1時間、丘を越えて北の方へいくと眼下にきれいな今までに見たこともないような珊瑚礁の海が見えて来た。陸の近くはグリーンで、環礁の外は真っ青な海原が続いている。海岸は真っ白な砂と椰子の木が生い茂っていた。小川があって、丸木橋がかかっている。車はそこにおいて、そこから先は歩いて行く。椰子の木の間を砂の小道が海に沿って続いている。15分くらいでエルカンさんの家に着いて、びんろうじゅを噛んで真っ赤な口でにこにこ笑うエルカンさんと椰子の葉でつくった腰 みのをつけた奥さんのファサレさん(写真の人)に対面した。その時はわたしにはエルカンさんは60才くらいのおじいさんのように思ったというよりずっとそう思っていたが、当時はまだ50代前だったかも知れない。家は高床になっていて、基礎の部分はコンクリートでできていた。木造の10坪くらいの平屋で屋根は椰子の葉で葺いてある。この村の中では一番の豪邸であることはすぐに理解できた。ほかはみんな1坪くらいのしかも柱4本、椰子の木だけでつくられている。そんなこんなで、この村でエルカンさん一家とともに暮らすことになった。電気もないので、暗くなったら石油ランプの生活。トイレは海にするか、椰子の林の中にすると、すぐに椰子ガニがでてきてきれいに処理してくれる。海にすれば魚が食べてくれる。その魚を人間が食べる。喉が渇いたら、椰子の実をとって腰のナタで割って飲む、33年前の1回目のヤップ滞在のころはまだ完全な自給自足の循環型社会が成り立っていたのです。

食事やトイレ、お風呂の話しなどは次回に.....。
by kokyu-ie | 2005-05-04 16:12 | ヤップ島讃歌 | Comments(2)
カテゴリ
タグ
光設計 栗原守 03-3466-0761
光設計の呼吸する住まい
東京都世田谷区北沢4-9-18-101
TEL 03-3466-0761
代表者:栗原 守

blogランキングに参加しています。今日もここをクリックして応援をお願いします。

呼吸する住まいホームページこちらも是非ご覧ください

ホームページリンク集
現代民家「江戸Style の家」
ひと環境計画
ビオクラフト
エコロジーライフ花
大槻ホーム
則武工務店
ウスクラ建設
渡邊技建
創建舎
大丸建設
カツマタ
入間・技拓工房
所沢・当麻工務店
内田産業
レイクタウン・会澤工務店
奥三河・建築工房ハミング
飯能・岡部材木店
雨水利用のタニタ
鍛鉄のPAGE ONE
キッチンの浜島工房
竹岡美智子のリフォームのススメ
アーキプレイス
かんざわ一級建築士事務所
リビングデザインセンターOZONE
OZONE家デザイン
リクシルBDAC
ハウスバリュー

注文住宅のハウスネットギャラリー
How To住まいづくり
建築なんでも資料館
動的耐震診断
きものの西室
所沢市の当麻園芸
アシャコキラン
costa
にがうり栽培のポイント
司馬遼太郎記念館

ブログリンク集
「呼吸する住まい」に住んでいる人の日記
間取り塾
住まいのショールーム★調査隊
外断熱地熱住宅★ただいま建築中
雨のみちblog
三代目の施工日記
緑のカーテンクラブ

発見!! 家づくりの???
HA*KOハンドメイドブログ♪
ウスクラ建設ブログちょっと一息
俳句で詠む〜建もの探訪
湯上がり美人カラットさん
フォロー中のブログ
最新のコメント
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧