自然素材を使って健康と環境に配慮した住まいを設計して28年.....光設計のノウハウ満載ブログ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ:6限目(見学会・セミナー)( 134 )
10月9日(祝)新宿TOTOショールームでセミナーを開催します

d0039753_16252592.jpg
新宿南口のTOTODAIKEN YKK APの東京コラボレーションショールームで開催される家づくり・リフォーム&不動産フェアでミニセミナーを開催します。

テーマは

「間取りのノウハウ 大公開!!」「古民家風にリフォームする」の2つです。

新宿方面にご用のあるかた、ご参加ください。


日時:2017109日(祝)13301410

「間取りのノウハウ 大公開!!」

いままでの施工例の写真を見ていただきながら、暮らしやすい間取りの工夫についてお話しします。


日時:2017109日(祝)15301610

「建築家とつくる 古民家風リフォーム」

1戸建てのお住まい、マンションのお住まいをまるで古民家のような雰囲気にリフォームした実例の写真を見ていただきながら、リフォームの工夫についてお話しします。

会場:TOTODAIKEN YKK APの東京コラボレーションショールーム


入場:無料

申込み:お申し込みなど詳しくは→下をクリック


     →ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。



by kokyu-ie | 2017-10-03 16:15 | 6限目(見学会・セミナー) | Comments(0)
家づくりリフォーム不動産フェアでミニセミナーを開催します

d0039753_16252592.jpg
新宿南口のTOTODAIKEN YKK APの東京コラボレーションショールームで開催される家づくり・リフォーム&不動産フェアでミニセミナーを開催します。

テーマは

「間取りのノウハウ 大公開!!」「古民家風にリフォームする」の2つです。

新宿方面にご用のあるかた、ご参加ください。

日時:2017109日(祝)13301410

「間取りのノウハウ 大公開!!」

いままでの施工例の写真を見ていただきながら、暮らしやすい間取りの工夫についてお話しします。

日時:2017109日(祝)15301610

「建築家とつくる 古民家風リフォーム」

1戸建てのお住まい、マンションのお住まいをまるで古民家のような雰囲気にリフォームした実例の写真を見ていただきながら、リフォームの工夫についてお話しします。

会場:TOTODAIKEN YKK APの東京コラボレーションショールーム

入場:無料

申込み:お申し込みなど詳しくは→下をクリック



<a href=http://www.hng.ne.jp/fair201710/>家づくり・リフォーム&不動産フェア</a>

<center>*人気ブログランキングに参加しています。

下の「blogランキング」のところをクリックしていただいてご協力いただければうれしいです・・・

<b><ahref="http://blog.with2.net/link.php?85827">blogランキング</a>

<fontcolor=red>クリック↑</font>してもらえると

ランキングがアップします。

今日もクリックして応援よろしくお願いします。</b>

(クリックは1日1回のみ有効、1週間のトータルで

ランキングが表示されます。

今日は5番目くらいにいます。)

<center><b><ahref=http://www.kokyusumai.com/>*建築家とつくる木の家 光設計の「呼吸する住まい ホームページ」</a>


by kokyu-ie | 2017-09-09 16:46 | 6限目(見学会・セミナー) | Comments(0)
「江戸Styleの家」オープンハウス開催のお知らせ
「江戸Styleの家」オープンハウスを9月2日(土)に開催します。2005年7月に竣工した自邸です。約12年が経過していますので、無垢の木などの自然素材が時間の経過とともに美しく変化(経年美化)している様子を確認することもできます。自然素材の小振りな住まい、あたたかく気持ちのよい和モダンな住まいの雰囲気をご自身の目と心で体感してください。



*「江戸Styleの家」はエコの取り組みでグッドデザイン賞を受賞しました。

*ニューハウス、チルチンびと、ソトコト、月刊ハウジング、住む、婦人の友、家の光、建築知識、LEE などいままでに多数の住宅誌などに掲載されています。


日時:2017年9月2日(土)12:00〜16:00
場所:世田谷区喜多見
交通:小田急線喜多見駅より歩7分
光設計までメールまたは電話・FAXで事前にお申し込みをお願いします。
詳しい案内図を郵送します。
メール: kurihara@kokyusumai.com
TEL: 03-3466-0761
FAX: 03-3466-5276

d0039753_1725563.jpg
d0039753_1723668.jpg

■「江戸Styleの家」のポイント

■変形三角形の敷地面積27坪の小さな住まいですが、昔の畳空間のよさをアレンジしながら引き戸や障子を利用して狭くも広くも状況に合わせて自由に使える住まいを実現しています。

①リビングは伊藤園のお茶殻をリサイクルした畳です。ダイニングから30cm上がっていますので、腰掛けるのにもちょうど良い高さです。下は大きな引き出し収納になっています。
②障子を引き込むと開放的な空間になります。障子を閉めれば、落ち着いたモダン和風の空間になります。広くも狭くも暮らしのシーンに合わせて使うことができます。
③窓にも障子を入れて、柔らかい光を入れながら視線はカットしています。
④昔の民家のように梁など骨太の構造材が見えるように計画しています。約10年経って飴色に変わってきました。

■内装に珪藻土やくりこま杉、月桃紙、羊毛の断熱材など自然素材を使い、素材の持つ呼吸機能を利用して室内を快適な状態にするように配慮しています。

①珪藻土:呼吸機能に優れた左官材です。ワラやモミ殻を加えてワラ半紙のような優しいテクスチュアーにしています。
②くりこま杉:宮城県産の杉の羽目板です。天井には塗装しないで使っています。約10年が経過して色が落ち着いてきました。
③月桃紙:沖縄の月桃という植物からできた壁材です。調湿作用があります。
④ウールブレス:羊毛の断熱材です。ウールですので、湿気を吸放湿します。呼吸する断熱材です。
⑤イペ:硬質の木製のデッキ材です。塗装なしで使っています。約10年が経過して色がシルバーグレーに変わっていますが耐久性には問題ない状態です。

■雨水を2tのタンクに溜めて、1階2階2カ所のトイレの流し水に利用しています。また屋根面と緑化した壁面に雨水を流して夏を涼しく過ごすエコロジーの工夫をしています。
by kokyu-ie | 2017-08-07 17:03 | 6限目(見学会・セミナー) | Comments(0)
「江戸Styleの家」オープンハウスを5月7日(日)に開催します。
「江戸Styleの家」オープンハウスを5月7日(日)に開催します。2005年7月に竣工した自邸です。約12年が経過していますので、無垢の木などの自然素材が時間の経過とともに美しく変化(経年美化)している様子を確認することもできます。自然素材の小振りな住まい、あたたかく気持ちのよい和モダンな住まいの雰囲気をご自身の目と心で体感してください。



*「江戸Styleの家」はエコの取り組みでグッドデザイン賞を受賞しました。

*ニューハウス、チルチンびと、ソトコト、月刊ハウジング、住む、婦人の友、家の光、建築知識、LEE などいままでに多数の住宅誌などに掲載されています。


日時:2017年5月7日(日)12:00〜16:00
場所:世田谷区喜多見
交通:小田急線喜多見駅より歩7分
光設計までメールまたは電話・FAXで事前にお申し込みをお願いします。
詳しい案内図を郵送します。
メール: kurihara@kokyusumai.com
TEL: 03-3466-0761
FAX: 03-3466-5276
d0039753_10411725.jpg

d0039753_10413176.jpg


■「江戸Styleの家」のポイント

■変形三角形の敷地面積27坪の小さな住まいですが、昔の畳空間のよさをアレンジしながら引き戸や障子を利用して狭くも広くも状況に合わせて自由に使える住まいを実現しています。

①リビングは伊藤園のお茶殻をリサイクルした畳です。ダイニングから30cm上がっていますので、腰掛けるのにもちょうど良い高さです。下は大きな引き出し収納になっています。
②障子を引き込むと開放的な空間になります。障子を閉めれば、落ち着いたモダン和風の空間になります。広くも狭くも暮らしのシーンに合わせて使うことができます。
③窓にも障子を入れて、柔らかい光を入れながら視線はカットしています。
④昔の民家のように梁など骨太の構造材が見えるように計画しています。約12年経って飴色に変わってきました。

■内装に珪藻土やくりこま杉、月桃紙、羊毛の断熱材など自然素材を使い、素材の持つ呼吸機能を利用して室内を快適な状態にするように配慮しています。

①珪藻土:呼吸機能に優れた左官材です。ワラやモミ殻を加えてワラ半紙のような優しいテクスチュアーにしています。
②くりこま杉:宮城県産の杉の羽目板です。天井には塗装しないで使っています。約12年が経過して色が落ち着いてきました。
③月桃紙:沖縄の月桃という植物からできた壁材です。調湿作用があります。
④ウールブレス:羊毛の断熱材です。ウールですので、湿気を吸放湿します。呼吸する断熱材です。
⑤イペ:硬質の木製のデッキ材です。塗装なしで使っています。約12年が経過して色がシルバーグレーに変わっていますが耐久性には問題ない状態です。

■雨水を2tのタンクに溜めて、1階2階2カ所のトイレの流し水に利用しています。また屋根面と緑化した壁面に雨水を流して夏を涼しく過ごすエコロジーの工夫をしています。
by kokyu-ie | 2017-04-21 10:41 | 6限目(見学会・セミナー) | Comments(0)
我孫子の床下暖房の平屋の木の家 竣工しました
我孫子市で昨年の9月から工事をしていました床下暖房の平屋の木の家が完成しました。冬あたたく、夏は涼しいヒートショックのない家を2台のエアコンで計画しています。
壁掛け用のエアコンを床下に設置して、床下全体にエアコンの暖気、冷気を送る「床下暖房の家」です。
いつもの見慣れた壁エアコンが床の下にあるので不思議な感じがしますが、夏も冬も快適な住まいになると思います。
d0039753_9121782.jpg
d0039753_9115126.jpg
d0039753_911687.jpg
d0039753_9103669.jpg
d0039753_9101944.jpg
d0039753_995953.jpg
d0039753_994042.jpg
d0039753_915328.jpg
d0039753_9144092.jpg
d0039753_913556.jpg
d0039753_9133377.jpg


*人気ブログランキングに参加しています。
下の「blogランキング」のところをクリックしていただいてご協力いただければうれしいです・・・
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。
今日もクリックして応援よろしくお願いします。

(クリックは1日1回のみ有効、1週間のトータルで
ランキングが表示されます。
今日は5番目くらいにいます。)


*建築家とつくる木の家 光設計の「呼吸する住まい ホームページ」
by kokyu-ie | 2017-04-20 09:15 | 6限目(見学会・セミナー) | Comments(0)
我孫子市の「床下暖房の平屋の木の家」完成現場見学会のお知らせ
我孫子市の床下暖房の平屋の家は60代のご夫妻お二人のための延床面積約28坪の木造平屋の小振りな木の家です。南側に大きなデッキテラスを計画して、光と風を家中に取り込んで明るくて風通りのよい住まいを実現しています。施工は越谷市の(株)会澤工務店さん、光設計とは2回目のコラボになります。

2つのエアコンを床下に設置して、暖気・冷気を床下に送ることにより、冬は家全体をあたため夏は涼しくする「床下暖房の木の家」を目指しています。

屋根なりの勾配天井のリビングには2つのトップライトを計画しています。1段上がった畳コーナがあり、畳の暮らしを楽しみながら快適に暮らすこともできます。引き戸を多用して、昔の風通りの工夫をアレンジしながら、明るくて風通りのよい木の家を実現しています。

内装に珪藻土やくりこま杉、月桃紙や羊毛の断熱材などの自然素材を使い、素材の持つ呼吸機能を利用して、室内を快適な状態にするように配慮しています。

自然素材でできた温かく気持ちのよい空間の雰囲気をご自身の目と心で体感してください。



日時:2017年4月9日(日) 11:00〜16:00
会場:千葉県我孫子市湖北台8丁目
交通:JR成田線「湖北駅」より徒歩約10分
概要:木造平屋建て 約28坪
お申し込み:事前予約制です。
      光設計までメールまたは電話で事前予約をお願いします。
      詳しい案内図を郵送します。
      メール:kurihara@kokyusumai.com
 電話:03-3466-0761

d0039753_11414686.jpg
d0039753_1142459.jpg


* この見学会で分かること
01:数値では表せない自然素材を使った室内空間の快適さがよく分かる!
02:設計に6ヶ月+施工に6ヶ月以上かかるという理由がよく分かる!
03:大工さん工事で作り付けの家具の使い勝手の良さがよく分かる!
04:光と風を取り込む工夫がよく分かる!
05:光設計に設計を依頼するメリットがよく分かる!



■昔の風通りのよい住まいの工夫をアレンジしながら引き戸を利用して楽しい住まいを設計しているのが分かります。
 
①基礎は厚さ18cmベタ基礎工法として、耐震性の向上と地盤からの湿気対策としています。基礎断熱工法にして夏涼しく冬あたたかい住まいを目指しています。

②和歌山県の山長商店の紀州材を構造材として使っています。土台は桧4寸角、柱は杉4寸角。土台などには自然素材のホウ酸を原料とする防蟻剤で防蟻処理をしています。

④外壁には外側にBau-bio断熱N厚さ25mmを貼り、外断熱通気工法としています。内側の柱間には羊毛の「ウールブレス」という自然素材のエコロジーな断熱をして
います。

⑤大工さん工事でテレビカウンターや食器棚などの家具を作り付けにしています。

⑥床の高さを地面から80cmにして、床下に2台のエアコンを設置し床下に温風
冷風を送ることにより、家全体の温熱環境に利用しています。

■内装に珪藻土やくりこま杉、月桃紙、羊毛の断熱材など自然素材を使っています。自然素材を利用した室内の快適さが分かります。

①珪藻土:呼吸機能に優れた左官材です。ワラやモミ殻を加えてワラ半紙のような優しいテクスチュアーにしています。

②くりこま杉:宮城県栗駒郡の杉です。木目がきれいで、とてもあたたかい雰囲気になります。無垢の板ですので呼吸する機能があります。

③月桃紙:沖縄の月桃という植物からできた壁材です。調湿作用があります。

④ウールブレス:羊毛の断熱材で柱間に充填しています。ウールですので、湿気を吸放湿します。呼吸する断熱材です。

⑤ザ・バーン:デユポン社の可変調湿気密シートです。調湿をしながら気密を確保して省エネルギーの住まいになっています。
by kokyu-ie | 2017-03-05 11:42 | 6限目(見学会・セミナー) | Comments(0)
茨城県東海村でオープンハウスを開催します
昨年の春から工事をしていました茨城県東海村の「土間玄関の家」が完成して、担当した地元の(株)河野工務店さんが完成見学会を開催することになりました。

お近くの方、光設計の気持ちの良い住宅を見学できるいい機会ですので、ぜひご参加ください。私も14日(土)14:00〜16:00は会場にいます。

開催日時:2017年1月14日(土)・15日(日) 9:00〜17:00
会場:茨城県那珂郡東海村東海
          (JR東海駅より歩15分)
お申し込みなど詳しくは (株)河野工務店
フリーダイヤル:0120-401-636


d0039753_114591.jpg




*人気ブログランキングに参加しています。
下の「blogランキング」のところをクリックしていただいてご協力いただければうれしいです・・・
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。
今日もクリックして応援よろしくお願いします。

(クリックは1日1回のみ有効、1週間のトータルで
ランキングが表示されます。
今日は6番目くらいにいます。)


*建築家とつくる木の家 光設計の「呼吸する住まい ホームページ」
by kokyu-ie | 2017-01-11 11:05 | 6限目(見学会・セミナー) | Comments(0)
「江戸Styleの家」オープンハウスを12月4日(日)に開催します。
「江戸Styleの家」オープンハウスを12月4日(日)に開催します。2005年7月に竣工した自邸です。約11年が経過していますので、無垢の木などの自然素材が時間の経過とともに美しく変化(経年美化)している様子を確認することもできます。

自然素材の小振りな住まい、あたたかく気持ちのよい和モダンな住まいの雰囲気をご自身の目と心で体感してください。



*「江戸Styleの家」はエコの取り組みでグッドデザイン賞を受賞しました。

*ニューハウス、チルチンびと、ソトコト、月刊ハウジング、住む、婦人の友、家の光、建築知識、LEE などいままでに多数の住宅誌などに掲載されています。


日時:2016年12月4日(日)12:00〜16:00
場所:世田谷区喜多見
交通:小田急線喜多見駅より歩7分
光設計までメールまたはFAXで事前にお申し込みをお願いします。
詳しい案内図を郵送します。
メール: kurihara@kokyusumai.com
TEL: 03-3466-0761
FAX: 03-3466-5276

d0039753_9132898.jpg
d0039753_9131457.jpg

■「江戸Styleの家」のポイント

■変形三角形の敷地面積27坪の小さな住まいですが、昔の畳空間のよさをアレンジしながら引き戸や障子を利用して狭くも広くも状況に合わせて自由に使える住まいを実現しています。

①リビングは伊藤園のお茶殻をリサイクルした畳です。ダイニングから30cm上がっていますので、腰掛けるのにもちょうど良い高さです。下は大きな引き出し収納になっています。
②障子を引き込むと開放的な空間になります。障子を閉めれば、落ち着いたモダン和風の空間になります。広くも狭くも暮らしのシーンに合わせて使うことができます。
③窓にも障子を入れて、柔らかい光を入れながら視線はカットしています。
④昔の民家のように梁など骨太の構造材が見えるように計画しています。約10年経って飴色に変わってきました。

■内装に珪藻土やくりこま杉、月桃紙、羊毛の断熱材など自然素材を使い、素材の持つ呼吸機能を利用して室内を快適な状態にするように配慮しています。

①珪藻土:呼吸機能に優れた左官材です。ワラやモミ殻を加えてワラ半紙のような優しいテクスチュアーにしています。
②くりこま杉:宮城県産の杉の羽目板です。天井には塗装しないで使っています。約10年が経過して色が落ち着いてきました。
③月桃紙:沖縄の月桃という植物からできた壁材です。調湿作用があります。
④ウールブレス:羊毛の断熱材です。ウールですので、湿気を吸放湿します。呼吸する断熱材です。
⑤イペ:硬質の木製のデッキ材です。塗装なしで使っています。約10年が経過して色がシルバーグレーに変わっていますが耐久性には問題ない状態です。

■雨水を2tのタンクに溜めて、1階2階2カ所のトイレの流し水に利用しています。また屋根面と緑化した壁面に雨水を流して夏を涼しく過ごすエコロジーの工夫をしています。



*人気ブログランキングに参加しています。
下の「blogランキング」のところをクリックしていただいてご協力いただければうれしいです・・・
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。
今日もクリックして応援よろしくお願いします。

(クリックは1日1回のみ有効、1週間のトータルで
ランキングが表示されます。
今日は5番目くらいにいます。)


*建築家とつくる木の家 光設計の「呼吸する住まい ホームページ」
by kokyu-ie | 2016-11-10 09:13 | 6限目(見学会・セミナー) | Comments(0)
青梅市の中庭のある平屋の家(長期優良住宅)完成現場見学会のお知らせ
青梅市の中庭のある平屋の家はご夫妻お二人のための延床面積約29坪の木造平屋の小振りな住まいです。

家の真ん中に6畳分の中庭を計画して、光と風を家中に取り込んで明るくて風通りのよい住まい、家にいるだけで気持ちがよくてリラックスすることができるそんな住まいを実現しています。

中庭には落葉樹のヤマボウシを植えて、暮らしの身近かで四季の移り変わりを楽しむことができます。屋根なりの勾配天井のリビングには1段上がった畳コーナがあり、ゴロッと横になって畳の暮らしを楽しみながら快適に暮らすこともできます。

引き戸を多用して、昔の風通りの工夫をアレンジしながら、明るくて風通りのよい住まいを実現しています。

内装に珪藻土やくりこま杉、月桃紙や羊毛の断熱材などの自然素材を使い、素材の持つ呼吸機能を利用して、室内を快適な状態にするように配慮しています。

「青梅の中庭のある平屋の家」は耐震性、耐久性など長期優良住宅の認定も受けています。
自然素材でできた温かく気持ちのよい空間の雰囲気をご自身の目と心で体感してください。


日時:2016年11月3日(木・祝) 11:00〜16:00
会場:東京都青梅市柚木町
交通:JR青梅線終点の「青梅駅」よりバスで約15分 バス停から歩2分
概要:木造平屋建て 約29坪
お申し込み:事前予約制です。
      光設計までメールまたは電話で事前予約をお願いします。
      詳しい案内図を郵送します。
      メール:kurihara@kokyusumai.com
   電話:03-3466-0761


* この見学会で分かること

01:数値では表せない自然素材を使った室内空間の快適さがよく分かる!
02:設計に6ヶ月+施工に6ヶ月以上かかるという理由がよく分かる!
03:大工さん工事で作り付けの家具の使い勝手の良さがよく分かる!
04:光と風を取り込む工夫がよく分かる!
05:光設計に設計を依頼するメリットがよく分かる!



■昔の風通りのよい住まいの工夫をアレンジしながら引き戸を利用して楽しい住まいを設計しているのが分かります。
 
①基礎は厚さ18cmベタ基礎工法として、耐震性の向上と地盤からの湿気対策としています。基礎断熱工法にして夏涼しく冬あたたかい住まいを目指しています。

②国産材を構造材として使っています。土台は桧4寸角、柱は杉4寸角。土台などにはヒ自然素材のホウ酸を原料とする防蟻剤で防蟻処理をしています。

④外壁には外側にBau-bio断熱N厚さ25mmを貼り、外断熱通気工法としています。内側の柱間には羊毛の「ウールブレス」という自然素材のエコロジーな断熱をしています。

⑤大工さん工事でキッチンや食器棚、洗面台などの家具を作り付けにしています。

⑥襖の紙は京都の老舗・唐長さんの襖紙を使い、引き手は桂離宮風のデザインのものを襖にあわせて大小4種類を使っています。


■内装に珪藻土やくりこま杉、月桃紙、羊毛の断熱材など自然素材を使っています。自然素材を利用した室内の快適さが分かります。

①珪藻土:呼吸機能に優れた左官材です。ワラやモミ殻を加えてワラ半紙のような優しいテクスチュアーにしています。

②くりこま杉:宮城県栗駒郡の杉です。木目がきれいで、とてもあたたかい雰囲気になります。無垢の板ですので呼吸する機能があります。

③月桃紙:沖縄の月桃という植物からできた壁材です。調湿作用があります。

④ウールブレス:羊毛の断熱材で柱間に充填しています。ウールですので、湿気を吸放湿します。呼吸する断熱材です。

⑤ザ・バーン:デユポン社の可変調湿気密シートです。調湿をしながら気密を確保して省エネルギーの住まいになっています。


d0039753_15252485.jpg
京都のからかみ屋さんの老舗・唐長さんに注文した襖紙です。江戸時代から代々伝わる唐長さんの版木で手作業で作られています。
d0039753_9355171.jpg
引き手も桂離宮風のものを浅草の松屋さんで購入しました。これは千鳥のデザインです。他に半月のデザインのものなど開けるのが楽しくなるような引き手を選んでいます。
d0039753_9363146.jpg
工事中のキッチンです。設備工事屋さんがミーレの食器洗い機をセットしています。
d0039753_9374152.jpg
丸い珪藻土の壁にあけた掛け軸のような窓です。この窓からはモミジが見えるように外構で植裁を計画しています。
d0039753_9393330.jpg
脱衣室のタオル掛けです。金物が出っ張らないようにカウンターを凹ませて、掛けたタオルが邪魔にならないように工夫しています。
d0039753_1525379.jpg
リビングから見た中庭です。ヤマボウシを植えています。これからデッキを貼って仕上がりです。
d0039753_15295791.jpg
玄関の扉を開けると障子越しに中庭のヤマボウシが見えます。
d0039753_15235353.jpg
南側はこれから外構工事でスロープとデッキテラスの工事がはじまります。
d0039753_1523262.jpg
コスモスの花越しの平屋の外観です。平屋の屋根の薪ストーブの煙突がアクセントになっています。



*人気ブログランキングに参加しています。
下の「blogランキング」のところをクリックしていただいてご協力いただければうれしいです・・・
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。
今日もクリックして応援よろしくお願いします。

(クリックは1日1回のみ有効、1週間のトータルで
ランキングが表示されます。
今日は5番目くらいにいます。)
by kokyu-ie | 2016-10-09 15:26 | 6限目(見学会・セミナー) | Comments(0)
ASJ東京CELL(有楽町)で間取りのセミナーを開催します
ASJ主催の100人の建築家による大相談会に参加します。私の参加は10月23日(日)〜24日(月)です。パネル展示とセミナーで参加を予定しています。

セミナーのテーマは「間取りのノウハウ大公開!(子育て 多世帯 家事楽)編〜」です。

家をつくるときに誰もが悩む間取りについて、いままでのたくさんの事例の中から間取りを考えるときのポイントについて詳しくお話します。

お住まいの計画のある方、お役に立つ無料の相談会とセミナーですのでぜひご参加ください。

パネル展示と相談会:2016年10月23日(日)〜24日(月) 
                               13:00〜19:00
私のセミナー:10月23日(日) 13:30〜14:30
会場:ASJ東京CELL(有楽町)
入場:無料

お申込みなど詳しくは→ASJ100人の建築家による大相談会へ

d0039753_1748443.jpg
d0039753_1749106.jpg



*人気ブログランキングに参加しています。
下の「blogランキング」のところをクリックしていただいてご協力いただければうれしいです・・・
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。
今日もクリックして応援よろしくお願いします。

(クリックは1日1回のみ有効、1週間のトータルで
ランキングが表示されます。
by kokyu-ie | 2016-10-06 17:50 | 6限目(見学会・セミナー) | Comments(0)
カテゴリ
タグ
光設計 栗原守 03-3466-0761
光設計の呼吸する住まい
東京都世田谷区北沢4-9-18-101
TEL 03-3466-0761
代表者:栗原 守

blogランキングに参加しています。今日もここをクリックして応援をお願いします。

呼吸する住まいホームページこちらも是非ご覧ください

ホームページリンク集
現代民家「江戸Style の家」
ひと環境計画
ビオクラフト
エコロジーライフ花
大槻ホーム
則武工務店
ウスクラ建設
渡邊技建
創建舎
大丸建設
カツマタ
入間・技拓工房
所沢・当麻工務店
内田産業
レイクタウン・会澤工務店
奥三河・建築工房ハミング
飯能・岡部材木店
雨水利用のタニタ
鍛鉄のPAGE ONE
キッチンの浜島工房
竹岡美智子のリフォームのススメ
アーキプレイス
かんざわ一級建築士事務所
リビングデザインセンターOZONE
OZONE家デザイン
リクシルBDAC
ハウスバリュー

注文住宅のハウスネットギャラリー
How To住まいづくり
建築なんでも資料館
動的耐震診断
きものの西室
所沢市の当麻園芸
アシャコキラン
costa
にがうり栽培のポイント
司馬遼太郎記念館

ブログリンク集
「呼吸する住まい」に住んでいる人の日記
間取り塾
住まいのショールーム★調査隊
外断熱地熱住宅★ただいま建築中
雨のみちblog
三代目の施工日記
緑のカーテンクラブ

発見!! 家づくりの???
HA*KOハンドメイドブログ♪
ウスクラ建設ブログちょっと一息
俳句で詠む〜建もの探訪
湯上がり美人カラットさん
フォロー中のブログ
最新のコメント
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧