自然素材を使って健康と環境に配慮した住まいを設計して28年.....光設計のノウハウ満載ブログ
検索
<   2005年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧
メダカが元気です
d0039753_9102515.jpg
暑い日が続いています。でも今年は世田谷の方はセミが少ないような気がします。いつもなら、いまごろはニイニイ蝉やミンミン蝉などがいっぱい鳴いている時期なのに、ほとんど聞こえません。環境の変化で蝉も少なくなっているんでしょうか。
事務所のエントランス前の水盤にメダカがいます。昨年からいますので越冬組みです。いまはメダカにいちばん気持ちの良い季節だとみえて、元気に泳ぎ回っています。毎朝、じっとのぞき込んでいると、隣のアパートのお姉さんが不思議な顔をして通っていました。今朝は「メダカがいるんですよ〜。かわいいですね〜」て声を掛けたら、「ああ、メダカに餌をあげていたんですか、何をしているのか不思議に思っていました」と言って会社に行きましたが、もしかすると、毎朝じっと水盤を見つめているキモイおじさんがいると思っていたのかも知れません。

人気blogランキングに参加しています。
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。今日もクリックして応援よろしくお願いします。

by kokyu-ie | 2005-07-29 09:12 | my off time | Comments(2)
オープンハウスで好評のお風呂です
d0039753_1225795.jpg
24日の喜多見エコハウスのオープンハウスには15組の方たちにご参加いただきました。みなさん、ありがとうございました。特に2階のお風呂が大人気でした。私がお風呂好きなもので、2階の南側、いちばんいいところに広めの脱衣スペースと坪庭付きのお風呂を計画しました。その分、個室は小さくなっていますが、寝るだけでしたら畳4.5畳でも十分です。バスタブも高野槇という木製のお風呂です。ふたはさわらの板が8枚です。とてもいい匂いがします。
d0039753_1231225.jpg
お風呂の坪庭です。造園山渓の永山さんがヤマモミジ、シダ、ユキノシタ、ドクダミなどですっきりした感じのよい庭をつくってくれました。竹の筧に水を流すと、坪庭に水遣りできるようになっています。坪庭には行燈のような照明器具を置く予定で、いま捜していますがなかなかよいのが見つかりません。どなたかご存知ありませんか?
d0039753_14375852.jpg
畳のリビングです。障子を閉めて狭くも広くもファジーに使えるようになっています。
d0039753_14381617.jpg
エントランス廻りです。カナダ杉をアクセントに使っています。
d0039753_14384190.jpg
玄関の床は豆砂利の洗い出し仕上げです。
d0039753_14385919.jpg
トイレにも障子を入れて落ち着いた雰囲気にしています。
d0039753_1439106.jpg
ちょっと広めの脱衣スペースです。床は籐タイル、四角の穴のところはヘルスメーター入れです。

人気blogランキングに参加しています。
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。今日もクリックして応援よろしくお願いします。

by kokyu-ie | 2005-07-27 12:04 | 喜多見エコハウス | Comments(8)
住まいづくりの情報入手方法
d0039753_16302759.jpg
来週にお引き渡し予定の調布のYさんの住まいはロフトの窓から調布の花火大会が見えるように計画しました。というより、上棟式のときに「ここのロフトから花火がみえるんじゃないかな〜」という大工さんの一言で、大きな窓に追加変更しました。お引き渡しの前ですが、23日の花火大会の夜Yさんが職人さんたちを招待してくれました。大工さんの言った通りちゃんと花火もご覧のように見えました。職人さんたちは花火よりもビールで盛り上がっていたようです。光設計スタッフの小泉君はYさんのお母さんのビールの飲みっぷりに感激してました。そしてキッチン横の2つのビール箱のキャスター付き収納の必要性に納得していました(笑)。Yさん、楽しい花火を見る会をセッテイングしていただきありがとうございました。いよいよ来週にお引き渡しです。


住まいづくりの情報入手方法

メールマガジン って知っていますか?住まいや土地の役に立つ情報など、定期的に(たいていは1週間に1回くらい)無料で情報を送ってもらえます。情報は欲しいが時間がなかなかとれませんよね。そんなときメールマガジン登録をしておくと旬なオープンハウスの情報など、気になるイベント情報を逃さなくてといいと思います。ちなみに光設計のオープンハウスやセミナーの情報は、このブロブでお知らせする他にも、次の会社のメールマガジンでもお知らせするようになっています。住まいづくりを考えている方はぜひ、登録をおすすめします。


ハウスネットギャラリーのメールマガジン

ザ・ハウスのメールマガジン


人気blogランキングに参加しています。
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。今日もクリックして応援よろしくお願いします。

by kokyu-ie | 2005-07-26 16:33 | 設計監理ダイアリー | Comments(5)
7月23日大安吉日/埼玉のT-HOUSE上棟のお祝いです
d0039753_1149667.jpg
今日は住まいの骨組みが完成し、はじめて家の形が現場に現れました。朝から職人さんたちが一所懸命に作業をして、夕方にはほぼ作業終了。みんなで上棟のお祝いをしました。上棟のお祝いは、職人さんたちとも顔なじみになるいい機会ですので、光設計では、できるだけ建築主さんにお願いをして、上棟のお祝いを行うようにしてもらっています。大工さんたちと知り合いになっていれば、現場に足を運ぶのも楽しくなります。また、大工さんや職人さんたちの丁寧な作業を見ていれば、自然にできあがった住まいを大切にしてくれることにもなります。IT 時代と言われていますが、住まいづくりの現場は人と人の心のつながりが大切です。

d0039753_11493065.jpg
Tさんのご家族の記念写真です。2世帯、4世代が気持ちよくず〜と仲良く暮らせる住まい、家にいるだけで心がやすまる住まいを目指しています。








人気blogランキングに参加しています。
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。今日もクリックして応援よろしくお願いします。

by kokyu-ie | 2005-07-25 11:53 | 設計監理ダイアリー | Comments(8)
建築主さんからのお便りです。
府中市のTさんからメールのお手紙をいただきました。Tさんの住まいは1998年に完成しました。小さな平屋の住まいの真ん中に6畳分の中庭があります。何年か前には、その中庭から獅子座流星群が見えたそうです。

d0039753_1142196.jpg

うっとうしい梅雨の季節ですが我が家では、じめじめ知らずで快適に過ごすことができます。以前の家では、この季節は靴箱やクローゼットの中のカビに悩まされていましたが現在の家に暮らして以来カビの心配はなくなりました。またこの季節は、洗濯物の干し場に困りますが、私はお風呂場と洗濯機の乾燥機を使い分けて色々工夫しています。先日も実験をしてみました。生乾きの洗濯物を珪藻土の部屋に干してみたところ、そのままお風呂場に干しておくよりもかなり早く乾いてしまいました。生乾きの洗濯物特有の嫌なにおいもしません。珪藻土の実力を再認識しました。
d0039753_11432369.jpg

以前からあった玉石の塀を残して、その上に珪藻土の塀を低くつくっています。通りとの間には塀を作らずに、街にオープンに開いていますが、街の人の目があるので、この方が高い塀をつくるよりも防犯上安全ということもあります。


人気blogランキングに参加しています。
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。今日もクリックして応援よろしくお願いします。

by kokyu-ie | 2005-07-22 11:50 | OB建築主さんのお便り | Comments(2)
光設計の「呼吸する住まい」定番素材(その12)
スチール束
d0039753_8471267.jpg

現在工事中の用賀のT-HOUSEの1階部分です。基礎の耐圧盤と大引きという横の材の間に入っているのがスチール束です。耐久性だけでなく、高さ調整が簡単にできるようになっていますので、現場の大工さんにも好評です。

d0039753_8473499.jpg木造住宅の1階の床を支える部材の中に床束(ゆかつか)というものがあります。大引きという9cm角の横材を支える部材です。昔は木材でしたが、最近は施工性のよいプラスチック束やスチール束がよく使われています。いろいろなメーカーから、特徴のある束が発売されていますが、光設計でいつも使っているのは防錆力、耐久性に優れたスチール束です。スチールに亜鉛メッキを施しているもので、その名もスチール束「新横綱」です。朝青龍(今日のところは2敗で琴欧州、若の里と並んでいますが)みたいに強くて頑丈そうです。それにしても琴欧州がんばれ!




人気blogランキングに参加しています。
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。今日もクリックして応援よろしくお願いします。

by kokyu-ie | 2005-07-21 08:49 | 2限目(素材編) | Comments(0)
真珠の耳飾りの少女
d0039753_98947.jpg
この絵のポスターは光設計の事務所に飾ってあります。17世紀のオランダの画家フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」という作品です。フェルメールは生涯で描いた作品がたった30数点、それも30号くらいの小さな作品の多い画家です。どの作品も光と影が緻密に描かれていて、まるで宝石のような絵です。どの作品も甲乙つけられないくらい宝物のような絵なのですが、なかでも私がいちばん好きなのがこの「真珠の耳飾りの少女」です。何かいいかけてこちらを振り向いた瞬間の表情が何とも言えないくらい輝いていて、ついじ〜と仕事の合間にもこの絵をみつめてしまいます。2000年に大阪市立美術館にやってきました。1時間くらい、長い列に並んで、やっと数分だけ対面しました。思っていた以上に小さな作品でしたが、長い間あこがれていたひとにやっと会えたという感じで、絵の前ではただぼ〜としていました。胸がドキドキの興奮状態でかえってきたのを覚えています。もしかしてこの絵に恋をしているのかも......。(笑)


人気blogランキングに参加しています。
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。今日もクリックして応援よろしくお願いします。

by kokyu-ie | 2005-07-20 09:09 | my off time | Comments(3)
喜多見エコハウス オープンハウスのご案内
d0039753_1062990.jpg
喜多見エコハウス オープンハウスのご案内
喜多見エコハウスは内装に珪藻土やくりこま杉、月桃紙、羊毛の断熱材など自然素材を使い、素材の持つ呼吸機能を利用して、室内を快適な状態にするように配慮しています。また雨水を2tのタンクに溜めて、1階2階2カ所のトイレの流し水に利用する他、屋根面と緑化した壁面に雨水を流して夏を涼しく過ごす工夫もしています。敷地は変形三角形の27坪、小さな住まいですが、引き戸や障子をアレンジして狭さを感じさせない工夫もしています。地域の工務店とのネットワークによる呼吸する住まい......、自然素材でできた温かく気持ちのよい空間の雰囲気をご自身の目と心で体感してください。

日時:2005年7月24日(日)
          10:00〜17:00
場所:世田谷区喜多見
交通:小田急線「喜多見駅」徒歩7分
施工:(株)大槻ホーム
お申し込み:メール、FAXにて光設計までお申し込みをお願いします。
      詳しい案内図を郵送します。
     (その際にはブログで知りましたとお書き下さい。)

       MAIL:DZQ04107@nifty.com
       FAX:03-3466-5276

   *今回は一般の人向けのオープンハウスですので、業界の人はご遠慮下さい。


人気blogランキングに参加しています。
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。今日もクリックして応援よろしくお願いします。

by kokyu-ie | 2005-07-15 10:07 | 6限目(見学会・セミナー) | Comments(11)
建築主さんからのお便りです
2004年11月、横浜市に完成した内野さんからお便りをいただきました。内野HOUSEはお母さんとの3人住まい。中庭をはさんでリビング、お母さんの部屋を配置して、どちらからも四季の季節感が味わえるように計画しています。

(0B建築主さん、我が家の庭など近況を写真とともにメールでお送り下さい。こんな形でブログに載せさせていただきます。皆さんのご参加で楽しいブログにしたいと思いますので、よろしくお願いします。)

d0039753_9026100.jpg

私は、我が一生の中で、自分がとことん気にいった家を建てたいと考えていました。建築家栗原さんとの出会いにより、その思いが昨年11月にひとつの形となりました。設計をお願いしてから完成まで約1年かかりました。基本設計は完璧なものでしたが、細かい部分については何回も打ち合わせをさせていただきました。出来上がった我が家は120パーセント、いやそれ以上に満足できる家となりました。
自分で我が家を分析すれば、
  (1)自分の家に居ながら、自分の家が見える家。
  (2)どの部屋にも太陽の光が射し込み、風が通る、さらさら感のある家。
  (3)我が家の前を通る人が、通り過ぎて思わず振り返る家。
  (4)1年を通して、四季を感じ、四季を楽しむことができる家。
まだまだたくさんありますが……
これが、建築家栗原さんの設計のコンセプトだと私は思います。それは、素材のひとつひとつ(梁や柱・珪藻土や月桃紙の壁)にこだわり、人に優しいそんな家です。私の夢がここまでかなえられたのは、ひとえに建築家栗原さんのおかげと感謝しています。
そして、我が家の建築にかかわって下さった大工さんをはじめ、屋根屋さん、左官屋
さん、電気屋さん、いろいろな方たちに感謝の気持ちでいっぱいです。建築中のことを
思い返すと、結構みなさんを泣かせるようなお願いをする施主だったのではないかと反省
はするものの、妥協を許さない私の性格に、みなさんがよく最後まで付き合ってくださったと思います。おかげさまで、最高のスタッフにより、『自慢の我が家』を完成することができました。




d0039753_904851.jpg

勾配天井のリビングで、構造の梁を出しています。これはいつもの光設計のパターンです。南側は小さな窓(すぐ近くに新幹線の高架があるので、防音対策です)にして、トップライトから光を取り込んでいます。北側におおきな中庭がありますので、柔らかな光が北側から入ります。中庭の植物は南にむけて葉を開きますので、この方が植物の美しい姿をみることができます。
d0039753_9122.jpg

内野さんが特にこだわった玄関の開口部です。玄関に立ったお客様の視線が自然に中庭のつくばいに向くように、考えてあります。壁の仕上げは外部用のちょっとざらざらした感じの珪藻土です。
d0039753_922946.jpg
これは中庭の雪の日の写真です。あまりにきれいなので、内野さんが写真をとっていました。中庭がいちばんいいときは雪の日や雨の日だと思います。ただぼんやり眺めているだけで時間が通り過ぎてゆきます。

人気blogランキングに参加しています。
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。今日もクリックして応援よろしくお願いします。

by kokyu-ie | 2005-07-14 09:18 | OB建築主さんのお便り | Comments(4)
古いものを生かす(その5)
実家の欄間を再利用
d0039753_8214761.jpg

堤HOUSE(練馬区)のリビングの欄間です。昔の職人さんの手の込んだ細工がすばらしい欄間です。奥さまの新潟の実家を建て替えたときに外して使わずに保管してありました。それを分けてもらってこんな形でリビングと和室の間に入れ込みました。奥さまにとっては子供時代に見ていたとても懐かしい欄間ですので、入居の時には目を細めてみつめていたのが印象に残っています。欄間は細かいところに埃が入りやすいです。その対策として両面からガラスでサンドイッチにして建て込んでいます。欄間もこの場所に入って、また家族の暮らしを見ることができて喜んでいると思います。


人気blogランキングに参加しています。
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。今日もクリックして応援よろしくお願いします。


by kokyu-ie | 2005-07-13 08:28 | 1限目(設計編) | Comments(0)
カテゴリ
タグ
光設計 栗原守 03-3466-0761
光設計の呼吸する住まい
東京都世田谷区北沢4-9-18-101
TEL 03-3466-0761
代表者:栗原 守

blogランキングに参加しています。今日もここをクリックして応援をお願いします。

呼吸する住まいホームページこちらも是非ご覧ください

ホームページリンク集
現代民家「江戸Style の家」
ひと環境計画
ビオクラフト
エコロジーライフ花
大槻ホーム
則武工務店
ウスクラ建設
渡邊技建
創建舎
大丸建設
カツマタ
入間・技拓工房
所沢・当麻工務店
内田産業
レイクタウン・会澤工務店
奥三河・建築工房ハミング
飯能・岡部材木店
雨水利用のタニタ
鍛鉄のPAGE ONE
キッチンの浜島工房
竹岡美智子のリフォームのススメ
アーキプレイス
かんざわ一級建築士事務所
リビングデザインセンターOZONE
OZONE家デザイン
リクシルBDAC
ハウスバリュー

注文住宅のハウスネットギャラリー
How To住まいづくり
建築なんでも資料館
動的耐震診断
きものの西室
所沢市の当麻園芸
アシャコキラン
costa
にがうり栽培のポイント
司馬遼太郎記念館

ブログリンク集
「呼吸する住まい」に住んでいる人の日記
間取り塾
住まいのショールーム★調査隊
外断熱地熱住宅★ただいま建築中
雨のみちblog
三代目の施工日記
緑のカーテンクラブ

発見!! 家づくりの???
HA*KOハンドメイドブログ♪
ウスクラ建設ブログちょっと一息
俳句で詠む〜建もの探訪
湯上がり美人カラットさん
フォロー中のブログ
最新のコメント
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧