自然素材を使って健康と環境に配慮した住まいを設計して28年.....光設計のノウハウ満載ブログ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
<   2009年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧
久しぶりの肥後の守の出番
30年以上前から大切にしている木工道具があります。肥後の守という小刀と自分で柄をつけた両歯鋸とげんのう(とんかち)とやりかんな、そしてノミの12本セット。事務所のタンスの奥にしまわれていて滅多に表には出てきません。久しぶりにその道具たちの出番がやってきました。奥さんが使い込んだアルミの鍋の柄がとうとう腐って取れてしまったので、修理をしました。腐った柄の先をカットして、柄の先を肥後の守で削り直して細くして、差込んでもとのビス2本で止めて完成。これであと20年はキッチンで使うことができます。いいものを大切に長く使う、道具も住まいも同じです。
d0039753_12301133.jpg
腐った黒い部分に合わせて削り初めています。
d0039753_12303019.jpg
中央にあるのが愛用の肥後の守の小刀です。上にあるのはげんのうです。打ちやすいように少し重めのものを選んで柄は無垢の木から削ってつくっています。
d0039753_12305036.jpg
柄を付け直して完成しました。


*人気ブログランキングに参加していますが
下の「blogランキング」のところをクリックしてい ただけないと票に入りません。ご協力いただければうれしいです・・・
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。
今日もクリックして応援よろしくお願いします。

(クリックは1日1回のみ有効、1週間のトータルでランキングが表示されます。
 今日は40番目くらいにいます。)


 
by kokyu-ie | 2009-05-29 12:35 | my off time | Comments(2)
国土交通省から採択通知書が届きました
d0039753_13501220.jpg
5月15日に国土交通省のWEB上で発表された平成21年度(第1回)長期優良住宅先導的モデル事業の決定通知書が今日届きました。

江戸Styleの家づくり「入会地による雑木林の町角づくりプロジェクト」に3戸分600万円の補助金が正式につきます。

国土交通省で予定している今回の提案にかかわる「まちなみ・住環境の分野」の評価報告書の中でも、「入会地」という私たちが提案した共有・共用のキーワードが採り入れられて評価されています。敷地の一部を共有・共用するという「入会地の考え方」が国の側からも発信されて広く普及していくことを期待したいと思います。
d0039753_13503097.jpg
入会地の考え方が普及してこのような緑いっぱいの雑木林の町角ができることを期待しています。


*人気ブログランキングに参加していますが
下の「blogランキング」のところをクリックしてい ただけないと票に入りません。ご協力いただければうれしいです・・・
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。
今日もクリックして応援よろしくお願いします。

(クリックは1日1回のみ有効、1週間のトータルでランキングが表示されます。
 今日は80番目くらいにいます。)


 
 
by kokyu-ie | 2009-05-27 13:51 | 設計監理ダイアリー | Comments(0)
熊谷M-HOUSE地鎮祭
昨日の日曜日は熊谷市で工事がはじまるM-HOUSEの地鎮祭でした。雨模様の天気でしたので、心配していたのですが、地鎮祭が始まる頃には雨もちょうど小振り状態になってくれました。施工は今回はじめてのコラボになる川越市の内田産業さんです。内田産業さんはリビングデザインセンターOZONEにも登録をしている工務店さんで、100%建築家との家づくりをしている工務店さんで、私の顔なじみの建築家たちもたくさん工事をお願いしている工務店さんです。Mさん、これからの工事を楽しみにしていてください。
d0039753_1412879.jpg
d0039753_1414295.jpg
d0039753_1415245.jpg


*人気ブログランキングに参加していますが
下の「blogランキング」のところをクリックしてい ただけないと票に入りません。ご協力いただければうれしいです・・・
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。
今日もクリックして応援よろしくお願いします。

(クリックは1日1回のみ有効、1週間のトータルでランキングが表示されます。
 今日は50番目くらいにいます。)


 
by kokyu-ie | 2009-05-25 14:02 | 設計監理ダイアリー | Comments(2)
OB建築主さんからお便りをいただきました
(OB建築主のOさんからお便りをいただきました。OさんはリビングデザインセンターOZONEの家づくりサポートを利用しての住まいづくりで、2007年6月に完成しました。西側隣地のお寺の参道の桜並木を借景にしての家づくりでした。施工は大田区の創建舎さん、光設計とのはじめてのコラボでした。)


あっという間に5月も半ばとなりました。
休日に少しずつ庭いじりをしている(近くに大きなガーデンセンターがあり
ます。)のですが、雑草の生えるスピードが凄くて、抜いても1週間もする
と元通り、といった感じです。

今年の目の前の桜、咲き始めは早かったのですが、その後の寒さで
結構長いこと楽しめました。
ただ、昨年異動した先での仕事がとんでもなく忙しく、平日は朝
ちょっと眺めるだけで出勤。。。
それでも、その一瞬でとても癒されましたが。
夜中に終電がなくなりタクシーで帰宅、という日が度々あったのですが、
お寺の参道のところでタクシーの運転手さんが桜を見上げて「うわぁ〜」
と驚くことも何度かありました。

ほんとにいいタイミングで家を建てることができたなあと、しみじみ
感じております。

本当は、桜の時期に、栗原さんとオゾンのKさんをお招きしたいと
思っていたのですが、そんな訳で全く予定が立てられませんでした。
来年の春もそんな感じかもしれないので、紅葉がきれいな時期にでも、
是非お越しいただきたいと思っています。

今後ともよろしくお願いいたします。
d0039753_9123480.jpg

ちなみに添付の写真は4月6日の桜です(出勤前に急いで撮りました!)。



*人気ブログランキングに参加していますが
下の「blogランキング」のところをクリックしてい ただけないと票に入りません。ご協力いただければうれしいです・・・
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。
今日もクリックして応援よろしくお願いします。

(クリックは1日1回のみ有効、1週間のトータルでランキングが表示されます。
 今日は40番目くらいにいます。)
by kokyu-ie | 2009-05-20 09:13 | OB建築主さんのお便り | Comments(4)
国土交通省の平成21年度長期優良住宅先導的モデル事業に採択されました
「長期優良住宅先導的モデル事業」とは、「いいものをつくってきちんと手入れして長く使う」というストック社会の住宅のあり方について、具体的な内容をモデルの形で広く国民に提示し、技術の進展に資するとともに普及啓発を図るということを目的にしています。この目的にあうこれからの長期優良住宅を先導するようなモデル事業の提案を、国が公募によって募り、優れた提案に対して、実施に要する費用の一部を補助するものです。

光設計では日頃お付き合いのある大槻ホームさん、則武工務店さんと共同で「まちなみ・住環境の分野に関わる提案」で応募していました。提案名は:江戸Styleの家づくり「入会地による雑木林の町角づくりプロジェクト」です。5月15日に国土交通省から結果が発表され、平成21年度(第1回)長期優良住宅先導的モデル事業に採択されました。
d0039753_16333552.jpg
画面をクリックすると拡大表示されます。


江戸Styleの家づくり「入会地による雑木林の町角づくりプロジェクト」は都市近郊を想定した150坪程度の角地の分譲計画のプロジェクトなのですが、私たちのグループだけでは実現はおぼつかないかも知れません。これからの長期優良住宅にふさわしいまちなみと住環境のために、「入会地」の考え方を共有できる工務店さんたちに参加を呼びかけたいと思っています。3〜4戸くらいの規模の小規模な角地で分譲計画のある工務店さん、平成21年度長期優良住宅先導的モデル事業に採択された「入会地による雑木林の町角づくりプロジェクト」に参加していただけませんか。私たちと一緒に、地域のまちなみと住環境を考えた分譲プロジェクトを、自分たちの身の丈を越えない範囲で、楽しみながらつくり出して行きませんか。

d0039753_14235755.jpg
入会地と各住戸の道路側の庭を一体にデザインして雑木林の町角をつくります。
d0039753_14243782.jpg
各住戸は適度な距離感で付かず離れずの関係になります。個と町とのかかわりの中から、そこに住む人がその地域に愛着をもって長く快適に暮らすことができる住環境を目指しています。
d0039753_1425319.jpg
d0039753_14252596.jpg
町角は将来的に「町角トラスト」に登録をして、町の人とも協力をしながら長く持続して緑の町角の景観を維持することを提案しています。
by kokyu-ie | 2009-05-16 13:59 | 設計監理ダイアリー | Comments(6)
建築家5人展の設営をしてきました
昨日は午後からOZONEに行って、建築家5人展の設営をしてきました。光設計の展示は「男のワンダーランド」のテーマの渋いイメージとはほど遠い、アットホームなこんな感じの展示になります。6月30日まで開催していますので、新宿方面にお越しのついでにお立ち寄りください。
d0039753_10463673.jpg
会場全体の雰囲気です。白黒の渋い空間になっています。
d0039753_10465993.jpg
光設計のブースです。お父さんのミニミニワンダーランドをテーマにしています。手前の展示台には光設計がテーマにしているエコロジーのパネルなども展示しています。


*人気ブログランキングに参加していますが
下の「blogランキング」のところをクリックしてい ただけないと票に入りません。ご協力いただければうれしいです・・・
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。
今日もクリックして応援よろしくお願いします。

(クリックは1日1回のみ有効、1週間のトータルでランキングが表示されます。
 今日は40番目くらいにいます。)


 
by kokyu-ie | 2009-05-14 10:49 | 設計監理ダイアリー | Comments(2)
バルコニーの緑のカーテン
d0039753_1492124.jpg
プランターに植えたゴーヤの種から芽がでてきました。種はたくさんあったのですが芽が出てきたのは4本です。でも幅が4mくらいのバルコニーの緑のカーテンですので、4本もあれば大丈夫です。これで今年は喜多見と北沢の2カ所で緑のカーテンに挑戦できます。


*人気ブログランキングに参加していますが
下の「blogランキング」のところをクリックしてい ただけないと票に入りません。ご協力いただければうれしいです・・・
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。
今日もクリックして応援よろしくお願いします。

(クリックは1日1回のみ有効、1週間のトータルでランキングが表示されます。
 今日は40番目くらいにいます。)


 
by kokyu-ie | 2009-05-12 14:09 | my off time | Comments(6)
見直しの住居学(その3)
新しい続き間のすすめ
d0039753_11374470.jpg
小林HOUSE(東京都練馬区)のリビングと和室。和室は寝室として使っている。朝起きて布団を押入に入れて掃き清め、障子を壁に引き込むと、リビングの続き間として多目的に利用できる。

昔の住まいでは、続き間といって和室2間を連続して配置して、祝事や法事など、来客の多いときに仕切りの建具を取り払い大きなワンルームとして使うということがよく行われていました。

しかし現在では、祝事にしても仏事にしても、町の専門の施設を利用して簡単にできるようになっています。だから多人数の来客に備えて続き間をつくる必要はないようです。もっと積極的にこの続き間の良さを生かす工夫があってもよいと思っています。

たとえば、和と洋の続き間。上の写真の例のように、家族が毎日使うリビングに続けて畳のスペースを用意し、障子などで仕切るようにすます。障子は引き込みにして、使わないときは壁の中に納めておくようにすます。

こうすると障子の出し入れひとつで、リビング全体を広くも狭くも使うことができます。不意のお客様にも柔軟に対応できるだけでなく、住まいの雰囲気を和と洋に変えて楽しむこともできます。

畳のほうの部屋の床を少し上げて、そこを腰掛け替わりにするもよし、写真の例のように引き出し収納にして畳下を有効利用することもできます。堀りこたつやちょっとした床柱風の柱を計画したりすれば、落ち着いた雰囲気の和室兼客間にもなります。

タテの続き間というケースもあります。敷地が狭くて限られたスペースで住宅を計画する場合に、住まいに光や風を取り入れたり、空間をのびやかに演出する一つの方法として吹き抜けをよく計画します。この吹き抜けは、考えようによってはタテの続き間と言えます。

玄関と2階廊下、居間と2階の階段ホール、リビングと書斎や趣味の部屋、子供室と屋根裏部屋などを各々の視線がまじわるように計画すれば視覚的なタテの続き間となり、住まいの中にゆとりが生まれます。上下の階が空間的に結ばれることにより風通しのよい明るい住まいにもなります。

さらに、外部との続き間も考えられます。リビングの外に木の板でデッキをつくり、外のリビングのように計画すれば、休日のブランチの場所になるし、日曜大工も楽しくできます。子供たちの花火やプール遊びの場にもなります。

この場合大切なのはリビングとデッキの床の高さを同じにすることです。こうすると内のリビング外のリビングという続き間の良さが生きてきます。さらにデッキのスペースを外壁で囲み込んだり、植栽を施したり、バーベキューのコーナーを作ったりすれば工夫次第で、楽しい夢のある続き間になるはずです。

昔の続き間のよい点を積極的に採り入れて現代の新しい続き間を工夫すると住まいはもっと楽しくなると思います。


d0039753_11422436.jpg




栗本HOUSE(東京都渋谷区)のリビングとロフト。ロフトはパソコンコーナーになっていて、リビングを見ながら作業ができます。上と下のタテの続き間の例です。











d0039753_114355100.jpg

斎藤HOUSE(東京都目黒区)のリビングとデッキテラス。木製のガラス戸を引き込むと外のテラスと内のリビングが一体の空間として利用できます。これからの季節は工夫次第でアウトドアリビングとして楽しく使えます。内と外の続き間の例です。
by kokyu-ie | 2009-05-11 12:07 | 4限目(見直しの住居学) | Comments(0)
OZONE「建築家5人展:男のワンダーランド」に出展します。
連休明けの5月14日から6月30日まで、新宿のリビングデザインセンターOZONEで「建築家5人展」が開催されます。展示のテーマは「男のワンダーランド」です。クルマやバイク、音楽、ワインなど家につくった男の渋い空間をテーマに5人の建築家がパネルや模型で展示をする予定です。

「え〜っ...光設計にそんな男の渋い空間の施工例があるの....(?)」ですよね。そのとおりです、光設計には男のワンダーランドと言えるような秘密基地のような空間の実例はありません。住まいづくりでは、家族の希望もたくさんで、でも予算も限られていて、お父さんが楽しめる男のワンダーランドをつくるのが難しい状況が実際は多いのではと思います。

そんな事情の中でも、何とか予算やプランをやりくりして、家のあちこちのコーナーにお父さんの小さな居心地のいい場所をつくるケースが光設計の設計では多いです。お父さんにとっては背中に家族の気配を感じながらのそれでも「自分の居場所」というワンダーコーナーになっています。

そんなお父さんのために意地でつくった居場所(ミニミニワンダーランド)を光設計では出展する予定です。題して「小さな家、それでもつくりたい!!お父さんの居場所」です。もちろん、光設計がコンセプトにしているエコロジーについてもパネルなどで展示をする予定です。

小さな展覧会ですが、6月末まで開催していますので、新宿にお出かけのついでにお立ち寄りください。ご希望の方にはご案内のDMをOZONEで作成中ですのであとで郵送するようにしますので、ご連絡をお願いします。
d0039753_1114621.jpg
男のワンダーランドということで白黒の写真をベースにした渋いDMです。5人展に参加する建築家の松永基さんがデザインをしてくれました。




*人気ブログランキングに参加していますが
下の「blogランキング」のところをクリックしてい ただけないと票に入りません。ご協力いただければうれしいです・・・
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。
今日もクリックして応援よろしくお願いします。

(クリックは1日1回のみ有効、1週間のトータルでランキングが表示されます。
 今日は40番目くらいにいます。)
by kokyu-ie | 2009-05-07 11:01 | 設計監理ダイアリー | Comments(0)
婦人公論5/22号に掲載されています
「婦人公論」はアラフォー世代の女性読者層を対象にした一般誌で中央公論新社から隔週で発行されています。5/22号の特集は「40代から備えるひとりの老後」です。その特集の中で、「今こそ住居の見直しどき、40代からのエコを楽しむ住まいのヒント」というテーマで光設計のエコロジーな家づくりが紹介されています。地熱を利用した杉並区のIさんの住まい、雨水と緑のカーテンを利用した喜多見エコハウスの2つの実例をもとに、エコロジーを楽しむ住まいのヒントが掲載されています。本屋さんで発売中ですので、お近くの本屋さんでお買い求めください。550円です。
d0039753_925385.jpg
d0039753_9255930.jpg
d0039753_9262164.jpg



*人気ブログランキングに参加していますが
下の「blogランキング」のところをクリックしてい ただけないと票に入りません。ご協力いただければうれしいです・・・
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。
今日もクリックして応援よろしくお願いします。

(クリックは1日1回のみ有効、1週間のトータルでランキングが表示されます。
 今日は40番目くらいにいます。)


 
by kokyu-ie | 2009-05-06 09:26 | 最新メデイア情報 | Comments(0)
カテゴリ
タグ
光設計 栗原守 03-3466-0761
光設計の呼吸する住まい
東京都世田谷区北沢4-9-18-101
TEL 03-3466-0761
代表者:栗原 守

blogランキングに参加しています。今日もここをクリックして応援をお願いします。

呼吸する住まいホームページこちらも是非ご覧ください

ホームページリンク集
現代民家「江戸Style の家」
ひと環境計画
川越・エコ・もの・ファーム
エコロジーライフ花
川越・家づくり工房
大槻ホーム
則武工務店
ウスクラ建設
渡邊技建
創建舎
大丸建設
日高・ビルド・ラボ
カツマタ
入間・技拓工房
所沢・当麻工務店
内田産業
レイクタウン・会澤工務店
奥三河・建築工房ハミング
飯能・岡部材木店
雨水利用のタニタ
鍛鉄のPAGE ONE
キッチンの浜島工房
竹岡美智子のリフォームのススメ
アーキプレイス
かんざわ一級建築士事務所
ザ・ハウス
リビングデザインセンターOZONE
OZONE家づくりサポート
トステムBDAC
ハウスバリュー

注文住宅のハウスネットギャラリー
建築家31人×3works
建築家12人の会
How To住まいづくり
建築なんでも資料館
動的耐震診断
きものの西室
所沢市の当麻園芸
アシャコキラン
costa
にがうり栽培のポイント
司馬遼太郎記念館

ブログリンク集
「呼吸する住まい」に住んでいる人の日記
間取り塾
住まいのショールーム★調査隊
外断熱地熱住宅★ただいま建築中
雨のみちblog
三代目の施工日記
緑のカーテンクラブ

発見!! 家づくりの???
HA*KOハンドメイドブログ♪
ウスクラ建設ブログちょっと一息
俳句で詠む〜建もの探訪
湯上がり美人カラットさん
フォロー中のブログ
最新のコメント
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧