自然素材を使って健康と環境に配慮した住まいを設計して28年.....光設計のノウハウ満載ブログ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
<   2013年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧
G4マックMDD修理
光設計のPCはG4MDDという機種で10年くらい前のマックです。このタイプが4台あります。先日、その1台が突然電源が入らなくなってしまいました。

何かあるといつもお願いしているマックの修理のPCフレンズさんにきて貰い、電源ユニットというパーツの交換で無事直りました。G4MDDでなくてはソフトなどうまく起動しないものもあるので、新しいマックを買えばいいというものでもないのです。

使っている人と同じで光設計のマックもOLDなので体調管理をしながら大切にしてあげたいと思います。この夏の暑さのせいかもしれないので、8月は1ヶ月くらい夏休みにしようかと思います。
d0039753_1444249.jpg
ユニットの交換のときに中のほこりなどをクリーニングしてくれました。これでスッキリしてあと10年くらいは仕事に励んでくれると思います。
by kokyu-ie | 2013-07-23 14:45 | 設計監理ダイアリー | Comments(0)
今日は土用丑の日です。
今日は土用丑の日です。うなぎ屋さんは大忙しの日だと思いきや、「丑の日につき臨時休業」のうなぎ屋さんもあります。下北沢の野田岩さんです。とても美味しい天然うなぎの老舗です。「丑の日以外の日にゆっくりお越しください....。」という意味のようです。
d0039753_1356154.jpg
d0039753_1356433.jpg
丑の日につき臨時休業の張り紙がありました。


*人気ブログランキングに参加していますが
下の「blogランキング」のところをクリックしてい ただけないと票に入りません。ご協力いただければうれしいです・・・
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。
今日もクリックして応援よろしくお願いします。

(クリックは1日1回のみ有効、1週間のトータルで
ランキングが表示されます。
今日は5番目くらいにいます。)


*建築家とつくる木の家 光設計の「呼吸する住まい ホームページ」
by kokyu-ie | 2013-07-22 13:57 | 設計監理ダイアリー | Comments(0)
私の好きな文庫本12
今日は支倉(はせくら)六右衛門のお話です。

家の工事のはじめに地鎮祭という儀式を行うことがいまでも多いですよね。私の場合にはほぼ100%の建築主さんに地鎮祭をお願いして開催してもらっています。さあ、これからいよいよ工事がはじまる...と気持ちも新たに引き締まりますし、建築主さんにとっても夢が現実になる第一歩という嬉しい日になります。

一般的には神主さんをお呼びして神式がほとんどですが、仏式もありますし、キリスト教での場合もあります。建築主さんの信教にもよりますのでスタイルはいろいろですが、工事の安全と家の繁栄を願うことは共通しています。

私はキリスト教での地鎮祭を2回経験しています。そのうちの1つは静岡県伊東市の住宅のときなのですが海が近かった理由もあり、キリスト教にかかわるこのお話を思い出していました。


支倉(長谷倉)六右衛門は歴史上ではほとんど無名の人物です。1571年生まれの伊達藩の武士で、藩主伊達政宗の命により1613年10月28日にローマ教皇への使節として派遣された使節団の団長です。使節団は藩士4名+従者たちで総勢100名くらいだったようですがいまでは資料がなくて詳しいことなどは分かっていません。

この使節団がキリスト教の布教にきていた神父たちとともに太平洋を船でメキシコに渡り、メキシコから陸路大西洋岸に行き、1614年6月10日にそのうちの20人ほどが大西洋を船でイスパニアへ渡ります。フェリペⅢ世に拝謁してその後ローマに渡り、日本を出発してから2年の苦難の旅の末に1615年11月3日ついにローマ法皇パウロⅤに拝謁します。1617年夏までヨーロッパにとどまり、帰りの便船を得て1618年7月マニラまで使節団が戻ってきたときには幕府はキリスト教の禁止と鎖国の方針を決定していました。

1620年ようやくの思いで伊達藩の領地に戻ってきた使節団を迎えたのは幕府と藩の政治体制による迫害でした。長谷倉たちは藩主の親書をローマ法皇に渡すという藩主の使命を果たすために文字通り命がけで苦難の道を7年間歩みます。その過程で悩みながら異国での心のよりどころを求めキリスト教に帰依し、洗礼も受けていました。7年振りにようやくの思いで帰ることができた故郷では異教を信仰する罪人としての受難が待っていました。信教を捨てるか...と迫られるなかで殉教による死を選んでいきます。

幕府と藩の政りごとの理不尽さに翻弄されたような長谷倉たちの物語ですが、人の強さと弱さ、人と信仰との関わり、その美しさなどについ引き込まれるような物語です。

    ***そんな訳で今日のおすすめ文庫本は...***

     「侍」全1冊 遠藤周作 (新潮文庫)

d0039753_916148.jpg

by kokyu-ie | 2013-07-20 09:16 | 私の好きな文庫本 | Comments(0)
自然素材の小振りな住まい「江戸Styleの家」見学会のお知らせ
「江戸Styleの家」見学会を8月10日(土)に開催します。2005年7月に竣工した自邸です。ちょうど8年が経過していますので、無垢の木などの自然素材が時間の経過とともに美しく変化(経年美化)している様子を確認することもできます。自然素材の小振りな住まい、あたたかく気持ちのよい和モダンな住まいの雰囲気をご自身の目と心で体感してください。

d0039753_9113213.jpg
*「江戸Styleの家」はエコの取り組みでグッドデザイン賞を受賞しました。


日時:2013年8月10日(土)12:00〜17:00
場所:世田谷区喜多見
交通:小田急線喜多見駅より歩7分
光設計までメールまたはFAXで事前にお申し込みをお願いします。
詳しい案内図を郵送します。
メール: hikari.kurihara@gmail.com
FAX: 03-3466-5276

■「江戸Styleの家」のポイント

■変形三角形の敷地面積27坪の小さな住まいですが、昔の畳空間のよさをアレンジしながら引き戸や障子を利用して狭くも広くもファジーに使える住まいを実現しています。

①リビングは伊藤園のお茶殻をリサイクルした畳です。ダイニングから30cm上がっていますので、腰掛けるのにもちょうど良い高さです。下は大きな引き出し収納になっています。
②障子を引き込むと開放的な空間になります。障子を閉めれば、落ち着いたモダン和風の空間になります。広くも狭くも暮らしのシーンに合わせて使うことができます。
③窓にも障子を入れて、柔らかい光を入れながら視線はカットしています。
④昔の民家のように梁など骨太の構造材が見えるように計画しています。8年経って飴色に変わってきました。

■内装に珪藻土やくりこま杉、月桃紙、羊毛の断熱材など自然素材を使い、素材の持つ呼吸機能を利用して室内を快適な状態にするように配慮しています。

①珪藻土:呼吸機能に優れた左官材です。ワラやモミ殻を加えてワラ半紙のような優しいテクスチュアーにしています。
②くりこま杉:宮城県産の杉の羽目板です。天井には塗装しないで使っています。8年が経過して色が落ち着いてきました。
③月桃紙:沖縄の月桃という植物からできた壁材です。調湿作用があります。
④ウールブレス:羊毛の断熱材です。ウールですので、湿気を吸放湿します。呼吸する断熱材です。
⑤イペ:硬質の木製のデッキ材です。塗装なしで使っています。8年が経過して色がシルバーグレーに変わっていますが耐久性には問題ない状態です。

■雨水を2tのタンクに溜めて、1階2階2カ所のトイレの流し水に利用しています。また屋根面と緑化した壁面に雨水を流して夏を涼しく過ごすエコロジーの工夫をしています.

d0039753_994686.jpg
d0039753_984077.jpg
d0039753_991754.jpg

by kokyu-ie | 2013-07-19 09:09 | 6限目(見学会・セミナー) | Comments(0)
今帰仁村の月桃シャンプー
先月に沖縄に行ったときに今帰仁村の駅の道で「なきじん月桃シャンプー」を買ってきました。1ヶ月半使いましたが、月桃の香りがよくて、リンスいらずで私にはちょうどいい具合です。気に入ってしまい、今帰仁村の製造元に電話をして注文しました。これからの定番のお気に入りシャンプーになりそうです。

d0039753_10234684.jpg
詰め替え用があるといいのですが製造量が少ないみたいで300ml入りのタイプしかありません。1本2000円です。


*人気ブログランキングに参加していますが
下の「blogランキング」のところをクリックしてい ただけないと票に入りません。ご協力いただければうれしいです・・・
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。
今日もクリックして応援よろしくお願いします。

(クリックは1日1回のみ有効、1週間のトータルで
ランキングが表示されます。
今日は5番目くらいにいます。)


*建築家とつくる木の家 光設計の「呼吸する住まい ホームページ」
by kokyu-ie | 2013-07-18 10:26 | my off time | Comments(0)
何十年か振りに試験を受けてきました
東京都木造住宅耐震診断技術者育成講習会に参加して勉強してきました。築年数の古い木造住宅の耐震性を診断して、大地震のときの倒壊の危険性を判断する技術者を養成するものです。危険性のある住宅には耐震補強をアドバイスしながら既存木造住宅の耐震性を向上させることが目的です。

最後に90分の終了考査があります。苦手な計算問題がでてきます。何とか回答はしましたが合格発表は来月です。講習会なので簡単な○×式の試験かと思っていたのですが、計算問題もある25問のかなり難しい試験でした(汗)。
d0039753_1027943.jpg



*人気ブログランキングに参加していますが
下の「blogランキング」のところをクリックしてい ただけないと票に入りません。ご協力いただければうれしいです・・・
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。
今日もクリックして応援よろしくお願いします。

(クリックは1日1回のみ有効、1週間のトータルで
ランキングが表示されます。
今日は5番目くらいにいます。)


*建築家とつくる木の家 光設計の「呼吸する住まい ホームページ」
by kokyu-ie | 2013-07-15 10:27 | 設計監理ダイアリー | Comments(0)
私の好きな文庫本11
今回はご存知「忠臣蔵」のお話です。
「切腹最中」という名前の和菓子を知っていますか。新橋にある和菓子の「新正堂」さんの最中です。黒い餡がはみ出していて、まるで切腹したように見えることからのネーミングです。もともとこの和菓子屋さんがある場所が、浅野内匠頭が江戸城松の廊下で刃傷沙汰に及びそのため幕府の咎を受け切腹をした屋敷跡にあるということをヒントに、こんな最中をデザイン学校出の若旦那さんが考え出したということなのです。

店主曰く「当店は、浅野内匠頭が切腹された田村右京太夫屋敷に存する和菓子店として、この忠臣蔵にまつわる数々の語り草が和菓子を通じて、皆様の口の端に上ればという思いを込めて、最中にたっぷりの餡を込めて切腹させてみました。「風さそふ花よりもなほ我はまた春の名残をいかにとやせん」の辞世の句とともに、本品が話しの花をさかせるよすがともなればと心を込めておつくりしております。」

何か不始末があり、お詫びをするときはこの「切腹最中」を手みやげにどうぞ。「申し訳ありませんでした。このように切腹したつもりでお詫びに参りました.....。」洒落が通じる度量の大きな相手ならここで笑って済ませてもらえます。そうでない場合はますますの修羅場になるかも知れませんが、どちらに転ぶかであなたの日頃の人間関係の深さ浅さが推し量れるのではないでしょうか。

話が横道にいってしまいましたが、浅野内匠頭が切腹をした元禄14年3月14日から1年9ヶ月後の元禄15年12月14日に赤穂浪士47人の吉良家への討ち入りになります。47人の赤穂浪士たちをまとめていたのが元家老の大石内蔵助です。

討ち入りを成功させるために、商人や町人などの協力者を得ながら、幕府や吉良上杉家に感づかれないように準備をする訳ですが、その1年9ヶ月の準備のプロセスを切り口に展開をしてゆくお話で、現代の「情報戦」や「経済戦」の視点からアプローチをしている小説です。

江戸庶民を味方につけながら情報を操作して討ち入りを実現させる手法は現代社会にも通じるようであり、新鮮な感じで読むことができる新しい視点の「忠臣蔵」のお話なのです。1994年には映画化もされています。


    ***そんな訳で今回のおすすめ文庫本は...***

     「47人の刺客」全1冊 池宮彰一郎 (新潮文庫)

d0039753_14275542.jpg

by kokyu-ie | 2013-07-10 14:28 | 私の好きな文庫本 | Comments(0)
カマキリの孵化
中庭のヤマボウシの幹についていたカマキリの巣からカマキリの赤ちゃんが孵化しました。偶然見つけたのですが10分くらいで無数のカマキリ赤ちゃん(身長5mmくらい)が巣立っていきました。我が家のヤマボウシから巣立ったのも何かのご縁...、全員元気に育って大人のカマキリになれように祈っています。がんばれ、カマキリ赤ちゃんたち!!

d0039753_1581696.jpg

by kokyu-ie | 2013-07-07 15:07 | my off time | Comments(0)
高井戸の家のメンテナンス
18年前の光設計の住宅、高井戸の家のメンテナンス工事が終了しました。5月〜6月にかけて約2ヶ月の工事でした。主に夏の暑さ、冬の寒さ対策を考えた断熱性能の向上のためのメンテナンスです。

具体的には.....

01:屋根と外壁に断熱塗料ガイナを塗装
02:窓ガラスを真空断熱ガラスに交換したり、インプラスサッシを追加
03:ガラス面にスコッチの遮熱フィルム貼り
04:木部の再塗装
05:内部の補修とクリーニング

などです。

夏の暑さがどのくらい変わるかお住まいのHさんの感想が聞けるのは来月になると思います。

d0039753_1523286.jpg
コンクリート部分には断熱塗料のグレーを塗っています。見違えるようにきれいになっています。
d0039753_15231632.jpg
玄関前にはガラスの庇を追加しました。
d0039753_15223459.jpg
今回車庫の扉も作り直しをしました。
d0039753_15222159.jpg
モルタル部分の断熱塗料の色は前と雰囲気が同じベージュ色にしています。屋根のガルバリウム鋼板にはシルバーの断熱塗料を塗っています。


*人気ブログランキングに参加していますが
下の「blogランキング」のところをクリックしてい ただけないと票に入りません。ご協力いただければうれしいです・・・
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。
今日もクリックして応援よろしくお願いします。

(クリックは1日1回のみ有効、1週間のトータルで
ランキングが表示されます。
今日は5番目くらいにいます。)


*建築家とつくる木の家 光設計の「呼吸する住まい ホームページ」
by kokyu-ie | 2013-07-05 15:23 | 設計監理ダイアリー | Comments(0)
OB建築主Kさんからお便りをいただきました
2009年に大田区下丸子に完成したOB建築主Kさんから写真とともにお便りをいただきました。Kさん、お便りありがとうございました。

d0039753_183517.jpg
d0039753_183784.jpg

「写真は、少し前のヒメシャラの様子です。南側の塀の隙間から元気に枝を伸ばしています。かわいい花も咲きました。家族で快適に暮らしています。」


*人気ブログランキングに参加していますが
下の「blogランキング」のところをクリックしてい ただけないと票に入りません。ご協力いただければうれしいです・・・
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。
今日もクリックして応援よろしくお願いします。

(クリックは1日1回のみ有効、1週間のトータルで
ランキングが表示されます。
今日は5番目くらいにいます。)


*建築家とつくる木の家 光設計の「呼吸する住まい ホームページ」
by kokyu-ie | 2013-07-02 18:03 | OB建築主さんのお便り | Comments(0)
カテゴリ
タグ
光設計 栗原守 03-3466-0761
光設計の呼吸する住まい
東京都世田谷区北沢4-9-18-101
TEL 03-3466-0761
代表者:栗原 守

blogランキングに参加しています。今日もここをクリックして応援をお願いします。

呼吸する住まいホームページこちらも是非ご覧ください

ホームページリンク集
現代民家「江戸Style の家」
ひと環境計画
川越・エコ・もの・ファーム
エコロジーライフ花
川越・家づくり工房
大槻ホーム
則武工務店
ウスクラ建設
渡邊技建
創建舎
大丸建設
日高・ビルド・ラボ
カツマタ
入間・技拓工房
所沢・当麻工務店
内田産業
レイクタウン・会澤工務店
奥三河・建築工房ハミング
飯能・岡部材木店
雨水利用のタニタ
鍛鉄のPAGE ONE
キッチンの浜島工房
竹岡美智子のリフォームのススメ
アーキプレイス
かんざわ一級建築士事務所
ザ・ハウス
リビングデザインセンターOZONE
OZONE家づくりサポート
トステムBDAC
ハウスバリュー

注文住宅のハウスネットギャラリー
建築家31人×3works
建築家12人の会
How To住まいづくり
建築なんでも資料館
動的耐震診断
きものの西室
所沢市の当麻園芸
アシャコキラン
costa
にがうり栽培のポイント
司馬遼太郎記念館

ブログリンク集
「呼吸する住まい」に住んでいる人の日記
間取り塾
住まいのショールーム★調査隊
外断熱地熱住宅★ただいま建築中
雨のみちblog
三代目の施工日記
緑のカーテンクラブ

発見!! 家づくりの???
HA*KOハンドメイドブログ♪
ウスクラ建設ブログちょっと一息
俳句で詠む〜建もの探訪
湯上がり美人カラットさん
フォロー中のブログ
最新のコメント
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧