自然素材を使って健康と環境に配慮した住まいを設計して28年.....光設計のノウハウ満載ブログ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
<   2013年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧
2DKマンションを木の家にリフォーム
マンションのフルリフォームの例です。2DKのマンションを収納を充実させながら自然素材を使って木の家にリフォームしました。マンションは窓のサッシや玄関扉は共用部の扱いになることが多く自由に変更することは難しいのですが、専用部分の内装は自由に間取りを変えたり、素材を変えたりすることができます。木の家にリフォームすると、マンションとは思えないくらいの気持ちのよい空間になります。
d0039753_1052449.jpg
収納を充実させながらリビングを大きくして暮らしやすい間取りに変更しています。
d0039753_10523213.jpg
民家の扉を再利用した玄関廻りです。
d0039753_10521887.jpg
マンションですが、中にはいると木造の木の家のような雰囲気です。
d0039753_105292.jpg
白い壁は珪藻土です。床には温水の床暖房を計画しています。
by kokyu-ie | 2013-10-31 13:38 | 設計監理ダイアリー | Comments(0)
川越の平屋の家
現在設計中の川越の平屋の家の最終模型です。基本設計のときにもラフ模型を作りましたが、その後の実施設計でプランも変わってきていますので、最終プランの模型になります。南側に広いデッキテラスがあります。家のどの部屋からもこのデッキテラスに出ることができる明るい暮らしやすい家になる予定です。
d0039753_1138087.jpg
手前は既存の物置です。井戸もありますので、庭の散水などには井戸水を利用します。屋根には太陽熱温水システムを載せて、家中のお湯と床暖房に太陽熱を利用するエコハウスです。



*人気ブログランキングに参加していますが
下の「blogランキング」のところをクリックしてい ただけないと票に入りません。ご協力いただければうれしいです・・・
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。
今日もクリックして応援よろしくお願いします。

(クリックは1日1回のみ有効、1週間のトータルで
ランキングが表示されます。
今日は5番目くらいにいます。)


*建築家とつくる木の家 光設計の「呼吸する住まい ホームページ」
by kokyu-ie | 2013-10-30 11:40 | 設計監理ダイアリー | Comments(0)
秋の日だまりのテラス
今年の5月に軽井沢に完成したMさんから写真を送っていただきました。南側のデッキテラスに秋の木漏れ日が射し込んでいる写真です。こんなデッキで本を読んでいると気持ちよくてうとうと眠ってしまいそうです。Mさん、写真をありがとうございます。
d0039753_11113720.jpg




*人気ブログランキングに参加していますが
下の「blogランキング」のところをクリックしてい ただけないと票に入りません。ご協力いただければうれしいです・・・
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。
今日もクリックして応援よろしくお願いします。

(クリックは1日1回のみ有効、1週間のトータルで
ランキングが表示されます。
今日は5番目くらいにいます。)


*建築家とつくる木の家 光設計の「呼吸する住まい ホームページ」
by kokyu-ie | 2013-10-26 11:12 | OB建築主さんのお便り | Comments(0)
上棟のお祝い
先日、阿佐ヶ谷で工事中のビブリア柿の木荘の上棟のお祝いがありました。光設計では現場で飲食をしない上棟お祝いをお願いしています。いまは職人さんも車で現場に来ますので飲酒運転防止のためです。

時代とともにお祝いの仕方は変わりますが、上棟を祝う気持ちは変わりません。Sさん、安心できる気持ちがよい建物にしてお引き渡ししたいと思いますので来年2月の完成を楽しみにしていてください。

d0039753_9374045.jpg


d0039753_9493256.jpgd0039753_9513677.jpg










*人気ブログランキングに参加していますが
下の「blogランキング」のところをクリックしてい ただけないと票に入りません。ご協力いただければうれしいです・・・
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。
今日もクリックして応援よろしくお願いします。

(クリックは1日1回のみ有効、1週間のトータルで
ランキングが表示されます。
今日は5番目くらいにいます。)


*建築家とつくる木の家 光設計の「呼吸する住まい ホームページ」
by kokyu-ie | 2013-10-25 09:37 | 設計監理ダイアリー | Comments(0)
セキスイエクステリアさんの小冊子
セキスイエクステリアさんの小冊子に練馬Y-HOUSEが掲載されています。外構の門扉やアプローチ、バスコートや坪庭など設計段階からコラボをしながら提案し、実現しています。昼も夜も、どの角度から見ても、誰が見ても、飽きの来ない長く愛される外構デザインになっていると思います。
d0039753_9175698.jpg
d0039753_9182317.jpg



*人気ブログランキングに参加していますが
下の「blogランキング」のところをクリックしてい ただけないと票に入りません。ご協力いただければうれしいです・・・
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。
今日もクリックして応援よろしくお願いします。

(クリックは1日1回のみ有効、1週間のトータルで
ランキングが表示されます。
今日は5番目くらいにいます。)


*建築家とつくる木の家 光設計の「呼吸する住まい ホームページ」
by kokyu-ie | 2013-10-24 09:18 | 最新メデイア情報 | Comments(2)
私の好きな文庫本15
今日は空海のお話です。

2008年に埼玉県深谷市Sさんの木造2階延べ約110坪の2世帯住宅を設計
しました。Sさんは真言宗のお寺の住職さんで、息子さんも副住職さんです。上棟のお祝いは工事中の現場に仮の護摩壇を設えて、密教の荘厳な雰囲気の中で開催していただきました。

真言宗の祖といえばお大師様と呼ばれている空海ですね。すでに高僧として
有名だった最澄が遣唐使として唐にいくときに空海は無名の学生僧としてと
もに派遣されます。平安時代の804年のことです。

ところが空海の乗った船は時化に遭い、遙か南の方に流されてしまいます。
苦労を重ねながら長安に辿り着き、仏教の勉強をします。能書家の空海の書
が長安の文士の間で評判になり、唐の皇帝に招かれ、懇請されて宮殿の壁に
書を書いたりもしています。

空海は長安の寺で仏典の勉強をしながら、当時流行しはじめていた密教に傾
倒していきます。当時の密教の権威だった恵果の弟子になり、才能を認めら
れて、布教のための貴重な仏典や仏具を日本に持ち帰ります。

先に帰国していた最澄が空海の持ち帰った密教の教典に興味を抱き、教典の
貸し借りで最澄と空海の間で一悶着の出来事もあります。やがて空海は朝廷
の支援を得て高野山に密教の聖地を造営していきます。

空海は61年の生涯の中で日本に密教を根付かせるという偉業を成し遂げま
す。大天才だったのだと思います。そして神様は歴史が必要とするときには
その時代にふさわしい大天才を準備してくれるのではないでしょうか。
空海のこの小説を読むと、不思議とそんな気がしてなりません。


    ***そんな訳で今日のおすすめ文庫本は...***

     「空海の風景」全2冊 司馬遼太郎 (中公文庫)
d0039753_1584969.jpg

by kokyu-ie | 2013-10-19 15:10 | 私の好きな文庫本 | Comments(0)
カタログハウスの表紙
d0039753_9181648.jpg
新しいカタログハウスの本が届きました。
表紙は小泉元首相の原発ゼロへのメッセージです。

原発の核廃棄物は10万年の間安全に保管する必要があります。私がいま読んでいる宮城谷昌光の「太公望」は古代中国の紀元前1000年ごろのお話です。いまから3000年前の気が遠くなるくらい遠い遠い昔の古代の物語です。3000年でそうなのですから10万年という時間は想像もできません。

10万年後まで安全に保管するなどということがいま生きている人間にできることなのでしょうか。

やはり、「どう考えても、原発ゼロしかないよ。」です。



*人気ブログランキングに参加していますが
下の「blogランキング」のところをクリックしてい ただけないと票に入りません。ご協力いただければうれしいです・・・
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。
今日もクリックして応援よろしくお願いします。

(クリックは1日1回のみ有効、1週間のトータルで
ランキングが表示されます。
今日は5番目くらいにいます。)


*建築家とつくる木の家 光設計の「呼吸する住まい ホームページ」
by kokyu-ie | 2013-10-17 09:18 | 設計監理ダイアリー | Comments(4)
基礎の配筋検査
阿佐ヶ谷の「ビブリア柿の木荘」は現在、基礎工事中です。べた基礎の鉄筋が図面通りに組まれているか確認をしてきました。コンクリートを打設すると見えなくなってしまう部分ですので、鉄筋の径、間隔、定着部分、結束の状況などを目視や計測で確認をします。この状態で瑕疵保証会社の第3者機関のチェックも入りますので2重のチェック体制になりますので建築主さんにとっても安心の家づくりになります。
d0039753_109537.jpg
d0039753_10941100.jpg

by kokyu-ie | 2013-10-15 10:10 | 設計監理ダイアリー | Comments(0)
2013.12.15 自然素材の小振りな住まい「江戸Styleの家」オープンハウスを開催します
「江戸Styleの家」オープンハウスを12月15日(日)に開催します。2005年7月に竣工した自邸です。ちょうど8年が経過していますので、無垢の木などの自然素材が時間の経過とともに美しく変化(経年美化)している様子を確認することもできます。自然素材の小振りな住まい、あたたかく気持ちのよい和モダンな住まいの雰囲気をご自身の目と心で体感してください。

d0039753_9113213.jpg
*「江戸Styleの家」はエコの取り組みでグッドデザイン賞を受賞しました。


日時:2013年12月15日(日)12:00〜16:00
場所:世田谷区喜多見
交通:小田急線喜多見駅より歩7分
光設計までメールまたはFAXで事前にお申し込みをお願いします。
詳しい案内図を郵送します。
メール: hikari.kurihara@gmail.com
FAX: 03-3466-5276

■「江戸Styleの家」のポイント

■変形三角形の敷地面積27坪の小さな住まいですが、昔の畳空間のよさをアレンジしながら引き戸や障子を利用して狭くも広くも状況に合わせて自由に使える住まいを実現しています。

①リビングは伊藤園のお茶殻をリサイクルした畳です。ダイニングから30cm上がっていますので、腰掛けるのにもちょうど良い高さです。下は大きな引き出し収納になっています。
②障子を引き込むと開放的な空間になります。障子を閉めれば、落ち着いたモダン和風の空間になります。広くも狭くも暮らしのシーンに合わせて使うことができます。
③窓にも障子を入れて、柔らかい光を入れながら視線はカットしています。
④昔の民家のように梁など骨太の構造材が見えるように計画しています。8年経って飴色に変わってきました。

■内装に珪藻土やくりこま杉、月桃紙、羊毛の断熱材など自然素材を使い、素材の持つ呼吸機能を利用して室内を快適な状態にするように配慮しています。

①珪藻土:呼吸機能に優れた左官材です。ワラやモミ殻を加えてワラ半紙のような優しいテクスチュアーにしています。
②くりこま杉:宮城県産の杉の羽目板です。天井には塗装しないで使っています。8年が経過して色が落ち着いてきました。
③月桃紙:沖縄の月桃という植物からできた壁材です。調湿作用があります。
④ウールブレス:羊毛の断熱材です。ウールですので、湿気を吸放湿します。呼吸する断熱材です。
⑤イペ:硬質の木製のデッキ材です。塗装なしで使っています。8年が経過して色がシルバーグレーに変わっていますが耐久性には問題ない状態です。

■雨水を2tのタンクに溜めて、1階2階2カ所のトイレの流し水に利用しています。また屋根面と緑化した壁面に雨水を流して夏を涼しく過ごすエコロジーの工夫をしています.

d0039753_994686.jpg
d0039753_984077.jpg
d0039753_991754.jpg

by kokyu-ie | 2013-10-10 10:39 | 6限目(見学会・セミナー) | Comments(0)
私の好きな文庫本14
今日は新撰組の一隊士、吉村貫一郎のお話です。

2年前に仙台の住宅を設計しました。新幹線で仙台駅までいき、JRに乗り
換えて建築主さんのところまで打ち合わせに行っていました。
乗り換えに1時間くらい待ち時間がありますので、駅の待合室で時間をつ
ぶすのですが、その待合室には懐かしいような方言が飛び交っていました。

その方言を聞いていて私はこのお話を思い浮かべていました。そう、南部
藩の吉村貫一郎を主人公にした幕末の新撰組のお話です。

貧しい南部藩士の吉村は行き所のない藩を脱藩して京都に上ります。新撰
組の隊士募集に応じて新撰組の下級隊士になります。給金を家に送り家族
の暮らしを支えながら、下級隊士として新撰組の組織の中で自分の居場所
を探していきます。

幹部隊士の内紛などに巻き込まれながら、それでも新撰組の中で認められ
る存在になっていきます。映画化されていますのでご覧になった方もいる
のではないでしょうか。主演の中井貴一の南部弁訛りが何ともいえないい
い味を出していました。

鳥羽伏見の戦いで幕府軍と新撰組は官軍に負けます。満身創痍の吉村は、
南部藩の京都屋敷の家老である幼馴染みの旧友のもとに転がり込みます。

官軍との争いを避けたい藩の家老としては立場上、吉村を助ける訳にはい
かず、かといって追い出す訳にもいかず、家伝の銘刀とおにぎりを渡して、
客間に一人の時間をつくってやります。

翌朝、切腹した吉村の肩を抱いて「貫一郎〜、貫一郎〜」と涙する映画
の場面はいまでもよく覚えています。

家族を思い時代の中で懸命に生きる男、藩を思い藩の運命を担う男、二人
の男の生き方をとても魅力的に描いている作品です。


    ***そんな訳で今日のおすすめ文庫本は...***

     「壬生義士伝」全2冊 浅田次郎 (文春文庫)
d0039753_1642015.jpg



*人気ブログランキングに参加していますが
下の「blogランキング」のところをクリックしてい ただけないと票に入りません。ご協力いただければうれしいです・・・
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。
今日もクリックして応援よろしくお願いします。

(クリックは1日1回のみ有効、1週間のトータルで
ランキングが表示されます。
今日は5番目くらいにいます。)


*建築家とつくる木の家 光設計の「呼吸する住まい ホームページ」
by kokyu-ie | 2013-10-09 16:42 | 私の好きな文庫本 | Comments(0)
カテゴリ
タグ
光設計 栗原守 03-3466-0761
光設計の呼吸する住まい
東京都世田谷区北沢4-9-18-101
TEL 03-3466-0761
代表者:栗原 守

blogランキングに参加しています。今日もここをクリックして応援をお願いします。

呼吸する住まいホームページこちらも是非ご覧ください

ホームページリンク集
現代民家「江戸Style の家」
ひと環境計画
ビオクラフト
エコロジーライフ花
大槻ホーム
則武工務店
ウスクラ建設
渡邊技建
創建舎
大丸建設
カツマタ
入間・技拓工房
所沢・当麻工務店
内田産業
レイクタウン・会澤工務店
奥三河・建築工房ハミング
飯能・岡部材木店
雨水利用のタニタ
鍛鉄のPAGE ONE
キッチンの浜島工房
竹岡美智子のリフォームのススメ
アーキプレイス
かんざわ一級建築士事務所
リビングデザインセンターOZONE
OZONE家デザイン
リクシルBDAC
ハウスバリュー

注文住宅のハウスネットギャラリー
How To住まいづくり
建築なんでも資料館
動的耐震診断
きものの西室
所沢市の当麻園芸
アシャコキラン
costa
にがうり栽培のポイント
司馬遼太郎記念館

ブログリンク集
「呼吸する住まい」に住んでいる人の日記
間取り塾
住まいのショールーム★調査隊
外断熱地熱住宅★ただいま建築中
雨のみちblog
三代目の施工日記
緑のカーテンクラブ

発見!! 家づくりの???
HA*KOハンドメイドブログ♪
ウスクラ建設ブログちょっと一息
俳句で詠む〜建もの探訪
湯上がり美人カラットさん
フォロー中のブログ
最新のコメント
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧