自然素材を使って健康と環境に配慮した住まいを設計して28年.....光設計のノウハウ満載ブログ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
ヤップ島讃歌(その6)
d0039753_10453933.jpg
マープ村のエルカンさんの家に居候中は、よく前の海に魚や貝など食料を捕りに竹のいかだで出かけていた。一人でいくときもあるし、例の「酒飲みおじさん」と名付けたおじさんと一緒にいくこともあった。このおじさんは、さすが魚取りの名人で、いかだから海に飛び込んで、海に潜って素手で魚をつかまえていた。一度海に潜ると、かなり長い間潜水して魚や貝を捕っていた。珊瑚礁の海なのであまり深くはない。海岸から1キロくらいまでの環礁の内側では深さは1m〜2mくらい。環礁の外は海の色も群青で巨大な波がうねっているが、内側は海のいろもグリーンで波は穏やか、魚もいっぱいいる。

捕った獲物はその日の夕飯になる。魚はたいてい、椰子の葉で包んで蒸し焼きにする。貝は主にシャコ貝で、身を出して煮たり焼いたりして食べていた。椰子がにはスープにしてたべると美味しかった。この写真は魚取りの帰りのスナップ。向こうの椰子の繁った海辺のところがマープ村です。この海辺から100mくらい入ったところにエルカンさんの家があります。

人気blogランキングに参加しています。
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。
今日もクリックして応援よろしくお願いします。

# by kokyu-ie | 2005-06-02 10:28 | ヤップ島讃歌 | Comments(2)
OB建築主さんからのお便りです
d0039753_14265882.jpg我が家も丸2年経ちました。庭の木が大きく育ち涼しげな木陰を作っています。娘の友人にはリピーターが多いのですが「おうちが馴染んできたねえ。生活感が出てきた。」と言ってくれました。(誉められたのかどうか・・・?)
その通り相変わらず気持ちのいいお家です。そろそろカナダ杉の塀の手入れをしなくては思っています。
(練馬区:OB小林さん)


d0039753_1429243.jpg我が家のゴールデンウイークの恒例行事になっていますデッキのリボス塗り、今年も無事に終わりました。岡山にいる主人の両親が、リボスを塗るために埼玉へ手伝いに来てくれます。きれいになったデッキでお茶を飲んだりお花を飾って楽しんでいます。少々お手入れは大変ですが、楽しみは増えます。
(騎西町:OB大崎さん)



d0039753_14301348.jpgこの春から2階ベランダにキッチンガーデンをつくってハーブ類を育てて楽しんでいます。いっぽう、1階のお庭はなかなか思うようになりません。今も梅が害虫にやられたりして、シロウトの手には負えず、またまた山渓さんのお世話になっています。
(大田区:OB池上さん)




d0039753_1430472.jpg丸2年を過ぎ、家との付き合い方に慣れてきたように思います。5月の連休にはデッキを塗りました。台所の栗の流しも浴室の杉板もあまり汚れていないように思います。
(町田市:OB石井さん)






d0039753_14311673.jpg我が家で季節の到来を知らせてくれるのは何と言っても中庭のヤマボウシです。今、白い花を次々に咲かせています。今年も早めに木酢液で消毒していますので、害虫も寄りつかないようです。
(府中市:OB高野さん)






d0039753_14314392.jpg入居して半年、床の色も少し赤味を帯びてきたように思います。それと共にキズやシミにもあまり神経質にならなくなりました。セルフビルドのベランダのタイルも素晴らしく張り終えました。
(川口市:OB永瀬さん)






d0039753_14322112.jpg早いもので、我が家も6月で5年目になります。シンボルツリーのヤマボウシは2階のベランダに届くほど成長しました。
(川崎市:OB渡部さん)










d0039753_14325425.jpg我が家も3年目に入りました。相変わらず、いや益々、住み心地のよい家です!相変わらずの子供たちと、怒りまくりの父母の、歓声と怒声が飛び交う賑やかな日々ですが、我が家がおおらかに包み込んでくれている感じがします。
(世田谷区:OB土橋さん)
# by kokyu-ie | 2005-06-01 21:37 | OB建築主さんのお便り | Comments(0)
課外セミナー(現場見学会)
完成現場見学会のお知らせ
喜多見エコハウスの完成現場見学会を7月に予定しています。まだ日程など詳細は決まっていませんが、決まり次第お知らせします。小田急線喜多見駅から徒歩7分くらいのところです。

d0039753_15592096.jpg



喜多見エコハウスの近況です。やっと足場がはずれて、これから雨水貯留タンクの設置や外構のカナダ杉の塀、イペ材のデッキテラス、屋根の緑化、テラスの植裁の工事が始まります。梅雨の時期でもあり、外構の工事はお天気次第なので、多少遅れるかも知れません。










構造現場見学会
2005年2月27日に喜多見エコハウスの構造現場見学会を行いました。上棟して2ヶ月、柱や梁、マツナガのエコルーフ断熱、外壁のウールブレスの断熱、土台下の基礎パッキンや、天然ゴム付座金、ホールダウン金物など、仕上がってしまうと見えなくなってしまうカ所を中心に説明をしながら見学をしていただきました。


d0039753_157029.jpg
当日の様子です。底冷えのする寒い日でしたが、10組の方たちが参加してくれました。
参加してくれた皆さん、ありがとうございました。









d0039753_1571768.jpg
これは梁の構造を説明中のスナップです。喜多見エコハウスは昔の民家のように柱、梁などの構造部材がそのまま見えるように計画しています。


人気blogランキングに参加しています。
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。今日もクリックして応援よろしくお願いします。

# by kokyu-ie | 2005-06-01 15:02 | 6限目(見学会・セミナー) | Comments(4)
光設計の「呼吸する住まい」定番素材(その6)
自然塗料
今回は塗料の話を少し。無垢の杉やなら、まつ、くりの板を内装に使っています。本当は全く塗装しないのが一番なのです。実際に天井など人の手に触れない場所などは塗装しないで使っている場合もあります。いま工事中の喜多見エコハウスでも化粧梁、天井の杉板は塗装なしにしています。また杉の厚い床板を塗装しないで使っている例もあります。でも床やカウンターなど汚れなどが気になり、そうもいかない場合は、植物油系の塗料を塗るようにしています。クリアラッカーやウレタン系の塗料は溶剤としてトルエンやキシレンという揮発性の有害物質を含んでいますので、光設計では使っていません。

変わりによく使っているのは、アトリエ・ベルの鈴木明さん開発のナチュレオイルです。鈴木さんは塗料業界では有名な人で、「木は塗らないで使うのが一番」という塗装屋さんなのに塗料を塗りたがらないという珍しい塗装屋さんです。10年くらい前に雪谷の事務所に伺いましたが、そのときもファッスングオイルという自然系の初期の塗料の開発に一所懸命で、夢中になって自然塗料のお話をしてくれたのを覚えています。その2〜3年後には自然塗料で有名な塗装屋さんになっていました。ナチュレオイルは松ヤニから取れるテレペン樹脂と亜麻仁油という植物油を原料にした塗料です。

他には小川耕太郎&百合子社の未晒し蜜蝋ワックスも水回りの塗装などにはよく使っています。蜜蝋ワックスはミツバチの蜂の巣と荏ゴマ油でできています。素人でも簡単に塗ることができます。スポンジに含ませて、薄くのばして、しばらくして布きれで拭き取れば仕上がりです。床や腰壁、家具くらいなら予算節約のために、自分たちで塗るということも可能です。天井や壁の上部は、あとで腰や首が痛くなりますので、プロにお願いしたほうが無難です。

光設計には蜜蝋ワックスの買い置きがあって、スタッフの小泉君と田中君がそれぞれ担当している現場にいったついでに水回りの家具やカウンターなどに蜜蝋ワックスを塗ることにしています。

ナチュレオイル(アトリエベル)と蜜蝋ワックス(小川耕太郎&百合子社)は
エコロジーライフ花 で買えます。

人気blogランキングに参加しています。
blogランキング
クリック↑してもらえると
ランキングがアップします。
今日もクリックして応援よろしくお願いします。


d0039753_9325631.jpg
喜多見エコハウスの工事中のキッチンです。変形のレイアウトなので、知人の浜島工房にお願いしてキッチンを制作しました。扉は米松の合板です。塗装は蜜蝋ワックスを事務所のスタッフの手で塗りました。これは先週の塗装作業時の写真です。



d0039753_9331161.jpg左側がナチュレオイル、右側が未晒し蜜蝋ワックスです。事務所に買い置きしてあるものでそれぞれ1リットル缶です。
# by kokyu-ie | 2005-06-01 09:47 | 2限目(素材編) | Comments(3)
ギャラリー麦の嘉藤さんの写真です
d0039753_931254.jpg

d0039753_935932.jpg
この間、プロカメラマンの嘉藤さんに撮ってもらったギャラリー麦の写真ができました。どうですか?アングルはほぼ同じなのですが私がデジカメF1一眼レフで撮った写真とは全然違いますよね。特に上の内観は嘉藤さんの写真の方が奥行き感と空間の広がりがきちんと表現されています。納品された写真はキャビネサイズに紙焼きしたもの5枚と他にCD1枚 です。CDにはデジタル化された写真が入っていました。やはり、デザインに関わるいろいろな方面でデジタル化が進んでいるのが分かります。
d0039753_945649.jpgこちらは私がデジカメで撮った写真です。上の写真と見比べると違いが分かります。

人気blogランキングに参加しています。
blogランキング
クリック↑してもらえると
「光設計の呼吸する住まい]のblogランキングがアップします。応援よろしくお願いします。

# by kokyu-ie | 2005-05-31 09:16 | 狭山・ギャラリー麦 | Comments(4)
ヤップ島讃歌(その5)
d0039753_9185336.jpgお祭りのときは、村の人たちは老弱男女を問わず正装をする。女は椰子の葉の腰ミノ、男は椰子の葉のフンドシ、竹の皮や椰子の繊維を染めてつくった手製の飾り物や花飾りなどで飾り付ける。村の広場に集まり、竹をつかった踊りをみんなで踊る。竹と竹を叩いて拍子をとり、激しく体を動かしてかけ声を掛けながら集団で踊るのだが、日本の御輿を担ぐ祭りとちょっと似ているような感じもする。写真は祭りの途中の女の子のスナップです。花飾りなどをつけて正装をしています。別に機嫌が悪い訳ではなく、カメラに緊張しているだけです。ヤップの女の子たちは普段はニコニコしてとても明るいです。

人気blogランキングに参加しています。
blogランキング
クリック↑してもらえると
「光設計の呼吸する住まい]のblogランキングがアップします。
応援よろしくお願いします。

# by kokyu-ie | 2005-05-30 09:25 | ヤップ島讃歌 | Comments(0)
カテゴリ
タグ
光設計 栗原守 03-3466-0761
光設計の呼吸する住まい
東京都世田谷区北沢4-9-18-101
TEL 03-3466-0761
代表者:栗原 守

blogランキングに参加しています。今日もここをクリックして応援をお願いします。

呼吸する住まいホームページこちらも是非ご覧ください

ホームページリンク集
現代民家「江戸Style の家」
ひと環境計画
ビオクラフト
エコロジーライフ花
大槻ホーム
則武工務店
ウスクラ建設
渡邊技建
創建舎
大丸建設
カツマタ
入間・技拓工房
所沢・当麻工務店
内田産業
レイクタウン・会澤工務店
奥三河・建築工房ハミング
飯能・岡部材木店
雨水利用のタニタ
鍛鉄のPAGE ONE
キッチンの浜島工房
竹岡美智子のリフォームのススメ
アーキプレイス
かんざわ一級建築士事務所
リビングデザインセンターOZONE
OZONE家デザイン
リクシルBDAC
ハウスバリュー

注文住宅のハウスネットギャラリー
How To住まいづくり
建築なんでも資料館
動的耐震診断
きものの西室
所沢市の当麻園芸
アシャコキラン
costa
にがうり栽培のポイント
司馬遼太郎記念館

ブログリンク集
「呼吸する住まい」に住んでいる人の日記
間取り塾
住まいのショールーム★調査隊
外断熱地熱住宅★ただいま建築中
雨のみちblog
三代目の施工日記
緑のカーテンクラブ

発見!! 家づくりの???
HA*KOハンドメイドブログ♪
ウスクラ建設ブログちょっと一息
俳句で詠む〜建もの探訪
湯上がり美人カラットさん
フォロー中のブログ
最新のコメント
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧