自然素材を使って健康と環境に配慮した住まいを設計して28年.....光設計のノウハウ満載ブログ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
検索
私の好きな文庫本11
今回はご存知「忠臣蔵」のお話です。
「切腹最中」という名前の和菓子を知っていますか。新橋にある和菓子の「新正堂」さんの最中です。黒い餡がはみ出していて、まるで切腹したように見えることからのネーミングです。もともとこの和菓子屋さんがある場所が、浅野内匠頭が江戸城松の廊下で刃傷沙汰に及びそのため幕府の咎を受け切腹をした屋敷跡にあるということをヒントに、こんな最中をデザイン学校出の若旦那さんが考え出したということなのです。

店主曰く「当店は、浅野内匠頭が切腹された田村右京太夫屋敷に存する和菓子店として、この忠臣蔵にまつわる数々の語り草が和菓子を通じて、皆様の口の端に上ればという思いを込めて、最中にたっぷりの餡を込めて切腹させてみました。「風さそふ花よりもなほ我はまた春の名残をいかにとやせん」の辞世の句とともに、本品が話しの花をさかせるよすがともなればと心を込めておつくりしております。」

何か不始末があり、お詫びをするときはこの「切腹最中」を手みやげにどうぞ。「申し訳ありませんでした。このように切腹したつもりでお詫びに参りました.....。」洒落が通じる度量の大きな相手ならここで笑って済ませてもらえます。そうでない場合はますますの修羅場になるかも知れませんが、どちらに転ぶかであなたの日頃の人間関係の深さ浅さが推し量れるのではないでしょうか。

話が横道にいってしまいましたが、浅野内匠頭が切腹をした元禄14年3月14日から1年9ヶ月後の元禄15年12月14日に赤穂浪士47人の吉良家への討ち入りになります。47人の赤穂浪士たちをまとめていたのが元家老の大石内蔵助です。

討ち入りを成功させるために、商人や町人などの協力者を得ながら、幕府や吉良上杉家に感づかれないように準備をする訳ですが、その1年9ヶ月の準備のプロセスを切り口に展開をしてゆくお話で、現代の「情報戦」や「経済戦」の視点からアプローチをしている小説です。

江戸庶民を味方につけながら情報を操作して討ち入りを実現させる手法は現代社会にも通じるようであり、新鮮な感じで読むことができる新しい視点の「忠臣蔵」のお話なのです。1994年には映画化もされています。


    ***そんな訳で今回のおすすめ文庫本は...***

     「47人の刺客」全1冊 池宮彰一郎 (新潮文庫)

d0039753_14275542.jpg

by kokyu-ie | 2013-07-10 14:28 | 私の好きな文庫本
<< 何十年か振りに試験を受けてきました カマキリの孵化 >>
カテゴリ
タグ
光設計 栗原守 03-3466-0761
光設計の呼吸する住まい
東京都世田谷区北沢4-9-18-101
TEL 03-3466-0761
代表者:栗原 守

blogランキングに参加しています。今日もここをクリックして応援をお願いします。

呼吸する住まいホームページこちらも是非ご覧ください

ホームページリンク集
現代民家「江戸Style の家」
ひと環境計画
ビオクラフト
エコロジーライフ花
大槻ホーム
則武工務店
ウスクラ建設
渡邊技建
創建舎
大丸建設
カツマタ
入間・技拓工房
所沢・当麻工務店
内田産業
レイクタウン・会澤工務店
奥三河・建築工房ハミング
飯能・岡部材木店
雨水利用のタニタ
鍛鉄のPAGE ONE
キッチンの浜島工房
竹岡美智子のリフォームのススメ
アーキプレイス
かんざわ一級建築士事務所
リビングデザインセンターOZONE
OZONE家デザイン
リクシルBDAC
ハウスバリュー

注文住宅のハウスネットギャラリー
How To住まいづくり
建築なんでも資料館
動的耐震診断
きものの西室
所沢市の当麻園芸
アシャコキラン
costa
にがうり栽培のポイント
司馬遼太郎記念館

ブログリンク集
「呼吸する住まい」に住んでいる人の日記
間取り塾
住まいのショールーム★調査隊
外断熱地熱住宅★ただいま建築中
雨のみちblog
三代目の施工日記
緑のカーテンクラブ

発見!! 家づくりの???
HA*KOハンドメイドブログ♪
ウスクラ建設ブログちょっと一息
俳句で詠む〜建もの探訪
湯上がり美人カラットさん
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧