自然素材を使って健康と環境に配慮した住まいを設計して28年.....光設計のノウハウ満載ブログ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
光設計の「呼吸する住まい」定番素材(その2)
羊毛の断熱材ウールブレス

呼吸する住まいでは「ウールブレス」というニュージーランドの羊毛から作られた断熱材を使っています。厚さは110mmと60mmの2種類があって、それぞれにバージンウールの製品とリサイクルウールの製品がありますので、4種類あることになります。

通常は厚さ110mmのリサイクルウールをつかっています。コストは1,360円/平方メートルで一般的な断熱材のグラスウールより約1000円/平方メートルくらい高くなることになります。1軒の住宅で平均約300平方メートルくらいの断熱材を使いますので、グラスウールに比較すると全体で30万円くらいコストアップになります。

このウールブレスの一番いい点は、羊毛なので湿気を吸ったりはいたりする呼吸する断熱材であるという点です。木造住宅の場合、外壁の中の結露が心配になります。いままでも光設計の住宅は、外壁通気工法をとって、壁体内の結露対策には十分に配慮をして設計をしていましたが、このウールブレスを併用することで、さらに呼吸する住まいの性能がアップしてくれることになります。

グラスウールの場合は、細かい繊維が刺さって現場の大工さんたちはチクチクして大変なのですが、ウールブレスの場合はそのようなことがないので現場の職人さんたちにも好評のようです。

また廃棄時にも簡単に再利用や処分ができるので未来の環境を汚さないという点でもサステイナブルないい素材だと思っています。ウールブレスはエコロジーライフ花で買えます。

d0039753_16153217.jpg
写真はリサイクルタイプ厚さ110ミリのウールブレスを充填したところです。セーターなどの羊毛をリサイクルして使っています。色はグレーです。
柱と間柱のあいだに隙間のないように充填します。

blogランキングに参加しています。
blogランキング
クリック↑してもらえると[光設計の呼吸する住まい]のblogランキングがアップします。
応援よろしくお願いします。

by kokyu-ie | 2005-05-15 16:31 | 2限目(素材編)
<< ヤップ島讃歌(その4) 実家の山の木で家をつくる(その2) >>
カテゴリ
タグ
光設計 栗原守 03-3466-0761
光設計の呼吸する住まい
東京都世田谷区北沢4-9-18-101
TEL 03-3466-0761
代表者:栗原 守

blogランキングに参加しています。今日もここをクリックして応援をお願いします。

呼吸する住まいホームページこちらも是非ご覧ください

ホームページリンク集
現代民家「江戸Style の家」
ひと環境計画
ビオクラフト
エコロジーライフ花
大槻ホーム
則武工務店
ウスクラ建設
渡邊技建
創建舎
大丸建設
カツマタ
入間・技拓工房
所沢・当麻工務店
内田産業
レイクタウン・会澤工務店
奥三河・建築工房ハミング
飯能・岡部材木店
雨水利用のタニタ
鍛鉄のPAGE ONE
キッチンの浜島工房
竹岡美智子のリフォームのススメ
アーキプレイス
かんざわ一級建築士事務所
リビングデザインセンターOZONE
OZONE家デザイン
リクシルBDAC
ハウスバリュー

注文住宅のハウスネットギャラリー
How To住まいづくり
建築なんでも資料館
動的耐震診断
きものの西室
所沢市の当麻園芸
アシャコキラン
costa
にがうり栽培のポイント
司馬遼太郎記念館

ブログリンク集
「呼吸する住まい」に住んでいる人の日記
間取り塾
住まいのショールーム★調査隊
外断熱地熱住宅★ただいま建築中
雨のみちblog
三代目の施工日記
緑のカーテンクラブ

発見!! 家づくりの???
HA*KOハンドメイドブログ♪
ウスクラ建設ブログちょっと一息
俳句で詠む〜建もの探訪
湯上がり美人カラットさん
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧